« 今日は楽しいひなまつり | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団チケット一般発売 »

2005/03/04

雪の日にスパルタクス鑑賞

100_0014
スパルタクス【ボリショイ・バレエ1977】のDVDを見ました。

Spartacus
KHACHATURIAN / BOLSHOI BALLET / VASILEV / LIEPA


2003-12-02
売り上げランキング 22,176

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめ度 

ボリショイ・バレエ(1977)リージョン・フリー
スパルタクス:ウラジーミル・ワシーリエフ
フリーギア:ナタリア・ベスメルトノワ
クラッスス:マリス・リエパ
エギナ:ニーナ・ティモフェーエワ
音楽:ハチャトゥリアン 振付:グリゴローヴィチ

古代ローマ帝国で奴隷となっていたスパルタクスが仲間達と共に権力者クラッススに反旗を翻し、クラッススを捕らえることに成功するが、情けでクラッススを逃がす。クラッススはそんなスパルタクスに憎しみを募らせ、愛妾エギナの策略によりスパルタクス勢は追い込まれ、ついにスパルタクスは兵士達の槍に突かれ絶命する…というようなストーリー。「ザ・男のバレエ」です。とにかく、男性ダンサーによる群舞が迫力たっぷり。男性ダンサーの層が厚くないと出来ない演目だと思います。
そして、ワシーリエフとリエパがこれまた適役。見た目も、踊りも。ワシーリエフはりりしいヒゲ面に空を切るような力強い踊りだし(トゥール・ザン・レールやシェネは本当に竜巻のよう)リエパは、いかにも冷酷な支配者層といった風情。スパルタクスの妻、フリーギア役のベスメルトノワは他のビデオでは結構年がいっているなぁといった感じが否めないのですが、こちらでは髪型のせいもあり、とても若く見えます。スパルタクスとのパ・ド・ドゥもとても良かったです。エギナも、妖艶な踊りが良かったと思います。
映像は、古いフィルム映像でお世辞にも綺麗とは言えませんが、それはそれで雰囲気があって良いかも知れません。

他にも紹介しています
その他の全幕作品

マイショップを見る

|

« 今日は楽しいひなまつり | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団チケット一般発売 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/3175396

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日にスパルタクス鑑賞:

« 今日は楽しいひなまつり | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団チケット一般発売 »