« 東京バレエ団公演「ユカリューシャ」 | トップページ | '05年シュツットガルト・バレエ来日日程 »

2005/05/29

K-BALLET「白鳥の湖」鑑賞

2005年5月29日(日)15:00開演 ゆうぽうと
1階2列やや下手寄りで鑑賞

オデット:康村和恵
オディール:中村祥子
ジークフリード王子:芳賀望
ロットバルト:スチュアート・キャシディ
王妃:天野裕子
家庭教師:トム・サプスフォード
ベンノ:アルベルト・モンテッソ

まず、最初に花を摘んでいたオデットがロットバルトに捕らえられ、白鳥に変えられてしまうシーンがあります。ブルメイステル版を彷彿とさせます。オデットの康村さんは、華奢で可憐な白鳥姫でした。思わず、守りたくなるような風情があります。王子役の芳賀さんは、初々しい少年王子といった感じでした。踊りもとても溌剌としていました。溌剌としすぎて、最初のヴァリエーションでは、最後の決めの時、セットにぶつかっていました(^^;)
ただ、ピルエットする女性の腰をサポートする時、何となく頼りなく見えてしまう場面が何度かありました。もう少しがっちりサポートできたらもっと安心して観ていられたのにと思います。でも、ソロなどは本当に良かったと思いました。

そして、オディールの中村祥子さん!今日の出演者の中では圧倒的なオーラを放っていたと思います。出来ればオデットで観たいと思っていたのですが、オディールも素晴らしかったです。すごく雰囲気作りが上手な方なんだなという印象を受けました。そりゃ、王子が魅了されてしまうのも仕方ないよなぁ(^^;)
長くアラベスクのバランスを保っていたり、フェッテ32回転も、シングル・シングル・ダブルをずっと続けながらも安定した回転を見せてくれたりと、見せ場もきっちり決めていました。
オデットの康村さんが細すぎるほどに細く背も低めなので、余計、祥子さんが肉感的なオディールらしさを醸し出していました。知らなかったのですが、祥子さんて意外と背が高いのですね。

4幕にも、オディールが茶色い白鳥(黒鳥?)を引き連れて出てきたのは驚きました。事前に見たDVDには、そんな演出はありませんでしたので。
これって、オデット/オディールが別人という設定の良さですね。オディールが、オデットもロットバルトも霞むくらいのすごい迫力でオデットを圧倒していました。
しかし、死を選んだ二人の愛の前にあっけなく滅んでしまい、ラストは人間に戻ったオデットと、王子が抱き合い、あの世へ旅立ちエンドでした。
カーテンコールでは、ちょこっと熊川哲也さんも顔をみせていました。
すごく、良いものを見せてもらったと思います。特に祥子さんは、また別の機会に是非見たいダンサーです。芳賀さんもこれからの人なので、熊川さんは大切に育てていっていただきたいです。

今日は、カメラが何台か入っていました。DVD収録の他、テレビでも放送があるようです(放送日は未定との事)

|

« 東京バレエ団公演「ユカリューシャ」 | トップページ | '05年シュツットガルト・バレエ来日日程 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/4334189

この記事へのトラックバック一覧です: K-BALLET「白鳥の湖」鑑賞:

« 東京バレエ団公演「ユカリューシャ」 | トップページ | '05年シュツットガルト・バレエ来日日程 »