« 題名のない音楽会21とジャンクスポーツ | トップページ | ベルリン国立バレエ「ラ・バヤデール」鑑賞 »

2005/06/18

吉田都「終わりのない旅」

都さんの新しい写真集&エッセイ本「終わりのない旅」を読みました。
写真は、表紙もそうですが、幻想的な(?)感じのものや、リハーサル中のもの、都さん自身が撮った写真、絵画などで構成されています。その隣のページに短めですが、都さんのバレエに対する想いなどが綴られています。

都さんは、昨今流行っているよう背が高いダンサーでもなく、手足が長いダンサーでもありません、残念ながら。
でも、雰囲気と言いましょうか、表現力はピカ一なのです。それと、踊りもものすごく綺麗。私は、都さんより軽やかなジュテ(跳躍)をするダンサーを少なくとも女性では見たことがないです。見ていて、心癒されるのです。

エッセイの内容は、以前出した「MIYAKO」をもっと噛み砕いてわかり易くした感じです。かと言って、内容がかぶっているわけではありません。バレエを志す人が読んでもとてもためになると思いますが、私のようにバレエなど全く経験がないような人でも、心に響く言葉がたくさんあると思います。
体格や骨格のコンプレックスと戦いながら英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルまでのぼりつめたというだけあって、自分にとても厳しく周囲には優しい方なのだなぁとその文章から感じました。

|

« 題名のない音楽会21とジャンクスポーツ | トップページ | ベルリン国立バレエ「ラ・バヤデール」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/4603210

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田都「終わりのない旅」:

« 題名のない音楽会21とジャンクスポーツ | トップページ | ベルリン国立バレエ「ラ・バヤデール」鑑賞 »