« 英国ロイヤルバレエ「マノン」鑑賞@タマラ・ロホ | トップページ | エトワール・ガラBプロ鑑賞 »

2005/07/23

英国ロイヤルバレエ「マノン」鑑賞@シルヴィ・ギエム

★2005年7月17日(日)18:00開演 東京文化会館大ホール5階センターにて鑑賞

マノン:シルヴィ・ギエム
デ・グリュー:マッシモ・ムッル
レスコー:ティアゴ・ソアレス
ムッシュGM:アンソニー・ダウエル
レスコーの愛人:マリアネラ・ヌニェス
マダム:エリザベス・マクゴリアン
看守:ウィリアム・タケット
乞食のかしら:ブライアン・マロニー

英国ロイヤルバレエ最終公演。この日は、マチソワで2公演連続だったので、居眠り防止にまたドリンク剤を飲みました。ところが、これが効きすぎたのか、頭がボーっとしてかえって眠くなる始末。せっかくの最終公演、しかもギエムなのに(´ヘ`;)ハァ・・・。もちろん、要所要所はちゃんと観ているつもりでしたが。
ムッルのデ・グリューは、本当に真面目そう。マノンに気づくのも、恋に落ちるのも、テューズリーよりも随分遅かったように思いました。表情などは、テューズリーの方がかなり豊かだったと思います。
そして、ギエムのマノンは、ちょっと姉御肌に見えました。それでもふとした仕草などは、可愛らしさもあったりしました。寝室でデ・グリューをからかったりするシーンなどは、本当にデ・グリューを手玉に取っているなぁと思いました(^^;)ムッルは、真面目一途なだけに、そんなマノンにイカレてしまったのでしょうね。最初は、無表情?とも思えたムッルですが、観ていくうちにそれが朴訥とした魅力に見えてきたから不思議です。きっと、姐さんぽいギエムのマノンだからこそ、それが活きてくるんだろうなぁ。ギエムのマノンは、自分からキスを求めたりして、恋愛も自分からリードしているような印象でした。
ダウエルのGMは、登場した時から舞台が締まる感じがしました。上品で、それでいて居丈高な雰囲気が良く出ていたと思います。寝室でのパ・ド・トロワでも、マノンの脚に音をさせてキスをしたりしていやらしさもさすがでした。
いやらしさと言えば、看守のタケットもすごい迫力でした。ほんと、怖かったです。
レスコーのソアレスは、見る前は「ラテン系の人なのにギエムと兄妹ってどうなの?」と思っていましたが、いざ始まってみると、思ったより似合っていたのが意外でした。
タマラの時にR席に座っていたために見えなかった諸々が見えてとても嬉しかったです(^^;) 「あんな感じで戯れていたのね」「ああやって、イカサマしてたのか~」など、時には踊りそっちのけで見たりもしていました。
そして、3幕。タマラとは違い、ギエムはとても悲惨に見えました。顔や体は傷だらけ。服もところどころ破れてボロボロ。そして、生脚にシューズ。ギエムの生脚はものすごい迫力でしたL(・o・)」「沼地のパ・ド・ドゥ」は、圧巻。まさに息もつかせぬ踊りでした。頼りなさげだったムッルのデ・グリューもここに来て、やっと男らしくなった感じ(^^;)
そして、カーテンコールは楽日ということで、紙吹雪と「SAYONARA~See you again!」の垂れ幕が(コレ見るの何回目だろうか)カーテンコールはとても長いものでした。最後にはダンサーだけでなくスタッフも全員舞台に出てきて更に盛り上がりました。
多分、今年一番お金を注ぎ込んだのがこのロイヤルバレエだと思います(^^;)でも、本当に楽しかった。体力勝負はつらいこともあったけどね。

最後に気になったこと。3幕が始まってすぐ女囚たちが登場する場面。桟橋(?)のそばにいる上半身裸の男たちの中にとてもバレエダンサーとは思えない体型の男性がいたこと。日本人のように見えたけど、ロイヤルの団員の方なのかな?
まるで、プロレスラーみたいでした。がっしりしているんだけど、脂肪が目立っていました。こんなとこ見てるの私だけかな[壁]_・) チラッ

|

« 英国ロイヤルバレエ「マノン」鑑賞@タマラ・ロホ | トップページ | エトワール・ガラBプロ鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

Fさん、こんにちは。
私も未だに「マノン」の曲が頭をめぐる時があります。
あれからすぐに「ダウエル&ペニーのマノン」を注文してしまいました。持っていなかったもので…。
先日届いたところです。まだ見ていません。GMのお若いころのお姿をじっくり拝見しようと思います(^^;)

投稿: ミキ | 2005/07/26 01:26

ミキさま、こんばんわ。
もう楽日から10日近く経ってしまいましたね。
パンフレットとダウエル&ペニーの古いDVDを見ながら、公演を思い出してます。
私も「マノン」を観たときはテーブルのすぐ前の席だったので、とくに
2幕はセンターそっちのけで芝居に見入ってました。
舞台では思わぬものが目について、気になることはありますよね。
映像作品では周囲が写らないので、いろいろなその他が見えなくてつまらないです。
早くもまた、実演が見たくなっています。

投稿:  F  | 2005/07/25 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/5100044

この記事へのトラックバック一覧です: 英国ロイヤルバレエ「マノン」鑑賞@シルヴィ・ギエム:

« 英国ロイヤルバレエ「マノン」鑑賞@タマラ・ロホ | トップページ | エトワール・ガラBプロ鑑賞 »