« めちゃくちゃ久々に… | トップページ | 東京バレエ団「眠れる森の美女(8/17)」鑑賞 »

2005/08/17

東京バレエ団「眠れる森の美女」鑑賞

★2005年8月16日(火)18:30開演 東京文化会館大ホール4階Rサイドにて鑑賞

オーロラ姫:小出領子
デジレ王子:マニュエル・ルグリ

王:森田雅順
王妃:浜野香織
式典長:平野玲

善の精リラ:大島由賀子
悪の精カラボス:井脇幸江

優しさの精:門西雅美
やんちゃの精:長谷川智佳子
気前よさの精:高村順子
のんきの精:森志織
度胸の精:乾友子

オーロラの友人:高木綾・奈良春夏・西村真由美・田中結子
4人の王子:高岸直樹・木村和夫・後藤晴雄・野辺誠治

金の精:阪井麻美
銀の精:佐伯知香
ダイヤの精:乾友子
サファイアの精:前川美智子

フロリナ王女:高村順子
青い鳥:古川和則

白い猫:門西雅美
長靴をはいた猫:高橋竜太

小出さんのオーロラデビューの日です。小出さんは登場した時から、キラキラしていてとても可愛らしく、オーロラそのものと言った風情でした。ローズ・アダージョも、アチチュード・バランスの時は真剣な顔になっていましたが、きれいにこなし、最後はホッとした笑顔を見せてくれました。それにしても、4人の王子の顔ぶれ、4分の3がプリンシパルだなんて、豪華ですね(^^;)

リラの大島さんは、にこやかで柔らかい踊りのとても優しそうな妖精でした。そして、カラボス!私は、この東京バレエ団の眠りの演出はあまり好みではないのですが(だって、幻影の場はじめ色々な箇所をカットしてしまうし、エキストラは少なくて舞台上が寂しいし、セットも背景はともかく大道具等が少なくて寂しすぎ、等々)このカラボスの扱いだけは、楽しくて大好きです。特にそれが井脇さんなら言うことありません。4人の手下にかつがれて登場する井脇さんは、本当に格好良かったです。踊りも勢いがあり、手下のフェッテ合戦も楽しかったですし、拍手もひときわ沸きあがっていました。

そして、とうとう3幕。いよいよルグリ王子の登場です。せっかくルグリなのにグラン・パ・ド・ドゥだけかぁ…などと思っていたら、嬉しい誤算(^^)何と、コール・ドはなかったものの、幻影の場の踊りがあったのです。ルグリのサポートで、ゆったり踊る小出さんは、とても綺麗でした。ルグリの踊りもとても美しく素敵でした。でも、やっぱり演出のせいなのか、せっかくのルグリの踊りに拍手をするタイミングがないのは寂しい限り。3幕に入って、最初に拍手をしたのは、オーロラが目覚めて結婚式に突入し、宝石の精たちが踊った時でしたから。
オーロラが目覚めて、いきなり結婚式に突入してしまうのも慌ただしすぎ。やっぱり、改善して欲しいと願ってしまう箇所の一つです。

で、その結婚式ですが、宝石たちの踊りがとても良かったです。それぞれの踊りも良かったですが、2人や4人で踊る時、きちんと揃っている所に好感が持てました。海外バレエ団でも、揃っていない所はたくさんありましたからね。青い鳥とフロリナ王女の踊りも、なかなか。途中、青い鳥がちょっとサポートをミスしそうになっていましたが(^^;)猫の踊りも可愛らしかったです。
そして、いよいよグラン・パ・ド・ドゥ。本当に2人とも美しかった~(*'-'*)いいもの見せてもらいましたという感じでした。小出さんは軽い色気さえ感じました(人妻になる色気?)。ルグリは、もうお手本としか思えないほど、正確で美しい踊りをにこやかに踊ってくれて本当に満足です。ルグリの生王子なんて、この先、見られるか分からないのでしっかり目に焼き付けました(^^;)

小出さん、オーロラデビューおめでとうございます。大成功と言っていいのではないでしょうか。くるみの主役も果たしましたから、あとは白鳥の主役をつとめればチャイコフスキー三大バレエ制覇ですね(^ー^)

もう一つの組、上野&ガニオ組も見てきます。こちらも小出&ルグリ組とは全く違う眠りを見せてくれそうで楽しみにしています。

|

« めちゃくちゃ久々に… | トップページ | 東京バレエ団「眠れる森の美女(8/17)」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/5504743

この記事へのトラックバック一覧です: 東京バレエ団「眠れる森の美女」鑑賞:

« めちゃくちゃ久々に… | トップページ | 東京バレエ団「眠れる森の美女(8/17)」鑑賞 »