« 東京バレエ団「ベジャール=ディアギレフ」公演配役発表 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「ロミオとジュリエット」鑑賞 »

2005/11/20

ア ビアント~だから、さよならはいわないよ

牧阿佐美バレヱ団が来春3月に創立50周年記念、そして高円宮憲仁親王殿下追悼として新作バレエ公演を催すそうです。
ゲストは、吉田都さん。都さんの公式サイトからの情報です。コチラのSchedule~Japanからどうぞ。

台本は島田雅彦、音楽は三枝成彰、振付は三谷恭三とドミニク・ウォルシュ。そして、舞台美術はルイザ・スピナテッリ。
キャストは、主役のカナヤを日替わりで吉田都さんと田中祐子さんが。リヤムは、ゲスト(未定)と逸見智彦さんが演じるそうです。うーん、とっても興味深いのですが(特に都さん見たい^^)末席10000円って高いです…(T▽T)
それに3月はとっても微妙なので、行けるかどうかは分かりません。でも、やっぱり見たいなぁ>都さん
壮大なバレエファンタジーってどんなのだろう(^^;)
未定のゲストは誰だろう。テューズリー辺りでしょうか。

|

« 東京バレエ団「ベジャール=ディアギレフ」公演配役発表 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「ロミオとジュリエット」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/7215578

この記事へのトラックバック一覧です: ア ビアント~だから、さよならはいわないよ:

« 東京バレエ団「ベジャール=ディアギレフ」公演配役発表 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「ロミオとジュリエット」鑑賞 »