« 香水をプレゼントするなら、もらうなら | トップページ | ア ビアント~だから、さよならはいわないよチケット発売 »

2005/12/08

NBS主催バレエ公演来シーズンラインナップ

NBSのサイトに「バレエの祭典特別優待会員募集」として、来シーズンのバレエ公演のラインナップが載っていました。
それによれば、

2006.6月:ベジャール・バレエ団「バレエ・フォー・ライフ」「愛、それはダンス」
2006.8月:世界バレエフェスティバル(Aプロ・Bプロ)
2006.7~8月:世界バレエフェスティバル全幕特別プログラム「ドン・キホーテbyロホ&カレーニョ」「白鳥の湖byザハロワ&ウヴァーロフ」「ジゼルbyコジョカル&ルグリ、ヴィシニョーワ&マラーホフ」
2006.11月:東京バレエ団「ドナウの娘」初演
2007.7月中旬:オーストラリア・バレエ団「白鳥の湖」「眠れる森の美女」
2007.8月中旬:ルグリと輝ける仲間たち(Aプロ・Bプロ)

うー、全幕特別プロは、いずれもよだれが出そう(´Д`)一夜限りでおそらく平日でしょうから、見られない可能性が高いのですが、前回の全幕特別プロの「ジゼルbyフェリ&マラーホフ」も無理を押して行って、とても感動したので、今回も何とかどれか一公演でも見たいです。どれか一つしか選べないとしたら現時点では、コジョカル&ルグリの「ジゼル」かなぁ。マラーホフのアルブレヒトも大好きだけど、DVDで持っているし。でも、ドン・キも捨てがたいです、正直。ザハロワの白鳥も好きですが、来年新国で見る予定なので、4つの中ではどうしても順位が低くなってしまいます。

「ドナウの娘」からオーストラリアまでは、随分間があるので、ここにまだ2つくらい公演が入りそうですね。
オーストラリア・バレエは(NBSさん、詳細ページで【オーストリア】になってますよー)ビデオで「コッペリア」と「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」「グレアム・マーフィー版くるみ割り人形」を見ただけなので是非見てみたいです。演目は、一見オーソドックスですが白鳥の方はグレアム・マーフィー版で、現代の王室のスキャンダルを重ねたセンセーショナルな演出で、眠りは、スタントン・ウェルチ版で善と悪の妖精を夏と冬の対立に例えてオーロラ姫が氷に100年閉じ込められるといった内容のようです。

ルグリのグループ公演は、ルグリのオペラ座引退に伴って今公演がファイナルとなるそうです(;_;)
グループ公演がファイナルであって、彼自身は、その後も日本に来て踊ってくれますよね?と信じたい…。

|

« 香水をプレゼントするなら、もらうなら | トップページ | ア ビアント~だから、さよならはいわないよチケット発売 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/7519923

この記事へのトラックバック一覧です: NBS主催バレエ公演来シーズンラインナップ:

« 香水をプレゼントするなら、もらうなら | トップページ | ア ビアント~だから、さよならはいわないよチケット発売 »