« 「バレエの美神」鑑賞 | トップページ | ニーナ、おめでとう!!&マラーホフの贈り物演目変更 »

2006/02/11

ロベルト・ボッレinトリノ五輪開会式

いつもなら、録画予約してまでオリンピックの開会式を見るような人間ではないのですが、何しろ時差の関係で始まるのが日本時間の午前4時…(´Д`)しかも、ボッレが踊ると言うではありませんか。
録画したものをさっそく見てみましたが、いつ頃、ボッレが出るのか分からず、なかなか出てこないので途中大勢のダンサーがバラバラ出てくる所などで「どうしよう、このその他大勢の中にいたら…これで終わりだったら」と思いつつ、早送りボタンを押す私でした。
そして、おもむろに三角形の大きなパネルのようなものが登場。パネルの縁には「BALLA BOLLE」の文字が!もしやもしや?と思っていると、その後ろからインチキサーカス団の団長のような格好をしたボッレが飛び出してきました。
おまけに顔は真っ白に塗られています。うー、せっかくの男前が見えないし、その衣装では自慢の身体のラインも分からないじゃないかー。「未来派のヒーロー?ハァ?」といった感じでした(´Д`;)
そして、踊りだすボッレの周りを金印みたいな彫刻やハリボテのバレリーナ達もクルクルと…。これが邪魔…(´ヘ`;)
ボッレとカメラの間を行ったり来たりするので、微妙にストレスがたまりました。カメラアングルも…(-_-;
グランド・ピルエットの時に上半身だけ映してどうするんだあぁぁーーーーー。
そうこうしているうちに、サーカス団長の衣装を引きちぎりだすボッレ。その衣装の下からは、顔と同様に真っ白な厚地の全身タイツ。タイツの胸には真っ赤なハート(心臓)が縫い付けてあり、ハートを中心にして、動脈静脈を模したようなラインが全身を覆っていました。そして、頭はモヒカンのカツラ…。奇抜すぎて、はっきり言ってキモイ(^^;)
でも、そんな理科室の標本にされたウルトラマンのような格好でも踊りだすとやっぱり格好良いんですよね~。寒くないか心配でしたけど。ボッレの出番は未来の乗り物に乗っているのを最後に(?)いつの間にか終わっていたような気がします。
そこからオノヨーコさんが出てきたり(びっくり!)イマジンが熱唱された直後、突然映像がブチ切れ…。私は昨日の新聞で確認した通り朝6時半までしか録画予約しておらず、実際にはもっと続いていた開会式での、パヴァロッティも聖火台への点火も何も見ることは出来なかったのでした…_| ̄|○責任者出て来い!!


あんな厚いタイツ姿でなく、ボッレの肉体美を堪能できるDVD↓

|

« 「バレエの美神」鑑賞 | トップページ | ニーナ、おめでとう!!&マラーホフの贈り物演目変更 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/8611001

この記事へのトラックバック一覧です: ロベルト・ボッレinトリノ五輪開会式:

« 「バレエの美神」鑑賞 | トップページ | ニーナ、おめでとう!!&マラーホフの贈り物演目変更 »