« ルグリの代役決定 | トップページ | 新国立劇場バレエ「こうもり」ウルリック役キャスト変更 »

2006/05/14

パリオペラ座バレエ「パキータ」鑑賞

★2006年4月30日(日)13:30開演 東京文化会館大ホール4階R席にて鑑賞

パキータ:オレリー・デュポン
リュシアン・デルヴィイー:ジェレミー・ベランガール
イニゴ:カール・パケット

将軍、デルヴィイー伯爵:リシャール・ウィルク
伯爵夫人:ミュリエル・アレ
ドン・ロペス・メンドーサ:ローラン・ノヴィ
ドンナ・セラフィナ:イザベル・シアラヴォラ
パ・ド・トロワ:メラニー・ユレル、ノルウェン・ダニエル、エマニュエル・ティボー

音楽:エドゥアール・マリ・エルネスト・デルデヴェズ、ルートヴィヒ・ミンクス
復元・振付:ピエール・ラコット(マジリエ、プティパ版に基づく)


結構時間が経ってしまったので、やや記憶が薄れてきている部分もありますが…とにかく、オレリーが素晴らしい舞台だったことは覚えています。ルグリの緊急帰国で、気負っている部分もあったかと思いますが、ルグリの代わりに舞台を背負うわよというような気合が見える舞台でした。
登場した時から、ただのジプシー娘ではないよねというオーラがプンプン(^^;) 気品を見せつつも、チャキチャキでお転婆そうな表情も持っていて、イニゴに迫られても、ハイハイという感じで軽くかわしていました。

リュシアンのジェレミーは、ごめんなさい、最初登場したのが分かりませんでした。あまり背が高くないこともあって、オレリーのそばにいると「きれいなお姉さんに憧れているボクちゃん」という印象がぬぐえませんでした(^∇^A;
そばに婚約者のセラフィナがいるのに、パキータにベタベタしてるし、良く考えたら、嫌な奴かも(^ー^;)

イニゴは、ロットバルトに引き続きパケット。悪役づいてます。ただ、こちらのは悪役と言ってもちょっと三枚目が入っています。パキータを口説こうとしても「なーに、言ってんのよ」と言う感じで、軽くいなされちゃってるし(^^;)
イニゴも、リュシアンのセラフィナも一応、ヴァリエーションはあるものの、あまり見せ場はあるように思えません。
イニゴは、もっと出番のある役柄の方が面白いだろうななどと思ってしまいました。

室内で、ドン・ロペスとイニゴの企みで、リュシアンに睡眠薬を飲ませ寝ている間に殺してしまおうとする場面でのオレリーが弾けてて良かったです。ちょっとスペイン風のヴァリエーションも、とっても素晴らしかったです。イニゴとリュシアンのコップを取り替えたりする演技もお茶目で可愛らしい(⌒▽⌒)
元々オレリーは、好きでしたけど、この日、またまた惚れ直してしまう思いでした。

パ・ド・トロワのティボーくんも、素晴らしかったなぁ。もっと色々な役柄で見てみたいですね。

パキータが持っていたロケットで、彼女が実は貴族の娘だと分かるシーン、今だったら、やれDNA鑑定だの、下手したらどこからこのロケットを盗んだんだなどと言われかねないですね(^∇^A;
もしかしたら、たまたま拾った物かもしれないのにね(^^;)

そこからの場面展開は、全く違う作品かと思うくらい荒唐無稽に見えてしまいました(^^;)
それでも、ガラなどで良く見かけるこの箇所は、華やかなオレリーにとても良く似合っていて、何だかんだでとても楽しめました。やっぱり、オレリーは、エトワールだなぁ(⌒▽⌒)後光がさして見えました。
ジェレミーは、あまり背が高くないこともあり、一部サポートが必死に見えてしまう場面もありましたが、ヴァリエーションなどは元気いっぱいでとても良かったです。決めのポーズで手を付いてしまったのは残念でしたけど。

ルグリの欠場で、がっかりモードだったのですが、いざ幕が開いてみると、その分みんなの気合(特にオレリー)が感じられる素晴らしい舞台だったと思います。最後はNBS名物「SAYONARA」の垂幕と紙テープ紙吹雪の嵐でした(千秋楽でしたからね)。SAYONARAの周りに書いてあった文字はフランス語だったので、その場では分かりませんでしたが、後で確認したところ、「大成功おめでとう!」のようなことが書いてあったらしいですね。
あまりにも色々なことがあった来日公演だったので「大成功」だったのかどうかは…(^∇^A;
でも、お疲れ様でした~!!とは言いたいです。

それと、コール・ドの中に気になる人がいたのですが、キャスト表にはズラズラと姓が書いてあるだけですし、プログラムにも写真付きなのは、プルミエまでなので、結局誰なのかわかりませんでした。
せめて、来日メンバーだけでも、小さくて良いから写真を載せてくれたらいいのになぁ。名前を売るチャンスでしょうに…。


パリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)こちらは、アニエス・ルテステュ&ジョゼ・マルティネスのもの。アニエスのパキータもお茶目で好きです(^^)

|

« ルグリの代役決定 | トップページ | 新国立劇場バレエ「こうもり」ウルリック役キャスト変更 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/9842196

この記事へのトラックバック一覧です: パリオペラ座バレエ「パキータ」鑑賞:

« ルグリの代役決定 | トップページ | 新国立劇場バレエ「こうもり」ウルリック役キャスト変更 »