« 第11回世界バレエフェスティバル・ガラ詳細発表 | トップページ | 新国立劇場バレエ「ジゼル」キャスト変更 »

2006/06/17

いまさら新国立劇場バレエ「こうもり」鑑賞

★2006年5月20日(土)15:00開演 新国立劇場大ホール2階席にて鑑賞

ベラ:アレッサンドラ・フェリ
ヨハン:ロバート・テューズリー
ウルリック:小嶋直也

音楽:ヨハン・シュトラウスII
振付:ローラン・プティ

仕事を始めたため、またまたアップがこんなに遅くなってしまいました(言い訳モード)
本当にいまさらかも知れませんが…、自分の記録のために…。
元々オペレッタの演目であった「こうもり」をプティがバレエ化した作品。
と、言っても、オペレッタとは、役名もストーリーも音楽の順番等も違うようですね。
オペレッタの方は全然詳しくないので分かりませんが…。

ヨハン=ムッル→テューズリー、ウルリック=ボニーノ→小嶋さんと、キャスト変更が相次いだ中(特にウルリックは直前でしたからね)幕が上がりました。
幕が上がると、薄暗い中、長~いドレスを着た女性の(女性は何か台の上に乗っている)周りにたくさんの男性がいてドレスの裾を持ち、クルクル回っていました。女性は、フェリではありませんでしたが、ベラを象徴しているのでしょうか。

場面が変わり、シンプルモダンなセット。赤毛のカツラを付けたベラ=フェリと、メイドの楠元さんが出てきます。この2人の掛け合いがとても楽しかったです(⌒▽⌒)フェリのコミカルな演技って好きなんです。お皿をスカートのおしりのところで拭いたり、投げたり。
急遽ボニーノの代役となったウルリック役の小嶋さんですが、ボニーノを見たかった私は、やや残念モードでしたが、結果から言えば素晴らしかったです>小嶋さん。三枚目演技もなかなか良かったですし、踊りは竜巻のようにクルクル回ったりして目を見張るほどでした。体調の方は大丈夫なのでしょうか?
ヨハンのテューズリーは、髪を黒くそめて、ちょっとダンディーな感じでした。
ベラとヨハンは、ちょっと倦怠期のようで(子供が5~6人もいるくせに)ベラは、ネグリジェの肩をはだけたりして一生懸命ヨハンの気をひこうとしますが、ヨハンはそっけなく背中を向けて寝てしまいます。ベラが眠りにつくと、今度はヨハンが起き上がり、背中につけたこうもりの羽で夜の街へ飛び去ってしまいます。
するとベラがそれを見てしまい、嘆き悲しみ、ウルリックに電話をすると、ウルリックが素早くやってきます。
嘆くベラに、ちょっとセクハラまがいのことをしながらも、ベラの悲しみを少しでも取り除くべく奔走するウルリック。まずは、ベラを魅惑的に変身させます。この時のフェリのオーラがすごい!赤毛のカツラをつけ、シンプルなロングスカートに身を包んでいる時は、野暮ったい印象なのですが、黒髪をタイトになでつけ、黒のビスチェ風衣装に着替えたベラは、同一人物には思えないほどのオーラがありました。

そして、夫のいきつけのお店「Maxim’s」に行き、注目を浴びるベラ。この場面はとても楽しい場でした。フレンチカンカンや、ギャルソン達。特に素晴らしかったのが、ギャルソンのトレウバエフ。
私は、色々な役どころのトレウバエフを見ましたが、この日の彼が一番素晴らしかったと思います。
それくらい、はじけていました。

そのうち、ヨハンも来て、ベラに言い寄ります。確かに別人のように変身したベラですが、全く妻に気付かないというのも不自然だと思ってしまいました。
そうこうしているうちに、けんかに巻き込まれて、牢屋に入れられてしまうヨハン。
この時、ヨハンが牢屋の中で歌を歌うのですが(もちろん、吹き替え)とても上手に口パクしているので、まるで本当に歌っているように見えました。
ベラとウルリックの機転で(ウルリックの三枚目演技良かった^^)無事、牢屋から出るヨハン。ここで、肌色のレオタードを身につけた(素っ裸に見せたい?)フェリとの熱いパ・ド・ドゥ。

ビスチェ姿を見た時から思っていましたが、ふっくらしましたね>フェリ。特に脇の下から脇腹にかけた辺りが…。ママの貫禄?それでも、相変わらずの脚線美だったなぁ。足の甲も素晴らしく、しなっていたし。
パ・ド・ドゥもとーっても良かったです。もう記憶も薄れつつあるので、詳しく書くことは出来ないのですが、感動だった記憶はあります。ただ、肌色の衣装がだんだんハイレグになっていって、後ろ部分がついにはTバックになってしまったのは、ちょっと可哀想でした。もちろん、フェリはプロですから、そんなことは意に介さず、素晴らしい踊りを見せてはくれましたが。

そして、ついに夫の背中のこうもりの翼をはさみで切り落とすベラ。ここで、冒頭にウルリックにプレゼントされたはさみが活きて来るのですね。
とぼとぼ家に帰ってきたヨハンに、スリッパを差し出すベラ。スリッパは家庭の象徴ということなのですよね?
最後は、ワルツで大団円でした。

初めて見ましたが、とても面白い舞台でした(⌒▽⌒)
…やっぱり、見終わったら早めに書かないとダメですね。き、記憶が…(´Д`)


こちらは、ミラノスカラ座の「こうもり」
ベラは、やはりフェリで、ヨハンは、マッシモ・ムッル。ウルリックは、今回残念ながら降板したルイジ・ボニーノです。当初のオリジナルキャストで見たかった方は是非に。

|

« 第11回世界バレエフェスティバル・ガラ詳細発表 | トップページ | 新国立劇場バレエ「ジゼル」キャスト変更 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/10196805

この記事へのトラックバック一覧です: いまさら新国立劇場バレエ「こうもり」鑑賞:

« 第11回世界バレエフェスティバル・ガラ詳細発表 | トップページ | 新国立劇場バレエ「ジゼル」キャスト変更 »