« マリインスキー・バレエ出演者・演目変更 | トップページ | チケット優先予約 »

2006/11/24

新国立劇場バレエ「白鳥の湖」鑑賞(11/18)

★2006年11月18日(土)15:00開演 新国立劇場オペラ劇場2階席にて鑑賞

オデット/オディール:酒井はな
ジークフリート王子:山本隆之
ロートバルト:貝川鐵夫
王妃:豊川美恵子
道化:グレゴリー・バリノフ

パ・ド・トロワ:高橋有里/さいとう美帆/マイレン・トレウバエフ
小さい四羽の白鳥:遠藤睦子/西山裕子/本島美和/大和雅美
大きい四羽の白鳥:真忠久美子/厚木三杏/川村真樹/寺島まゆみ

ルースカヤ:湯川麻美子

二羽の白鳥:厚木三杏/川村真樹

今日は、日本人ペアの「白鳥の湖」を見ました。
酒井さんは、良い意味で日本人的なおくゆかしい白鳥でした。凛として、気高いオデットだったと思います。特にボールド・ブラの美しさに目を奪われました。
山本王子は、トゥール・ザンレールの時の着地が少し綺麗に見えなかったのが気になりましたが、立ち居振る舞いは美しく、酒井さんとのパートナーシップも良かったと思いました。

オディールは、微笑みも妖しげで良かったです。32回転は、ダブルも織り交ぜ、スピード感がありました。

プロローグは、ザハロワの時見て思った「呪いをかけられたオデットが出てくるタイミングが早い」が、さらにスピードアップされていました(^^;)
まだ、姫姿の酒井さんがロートバルトのマントに隠れきる前から白チュチュオデットが出てきてしまっていましたから。これは、今後改善した方が良いかと思います。
ラストも、もうひとひねり欲しいです、やっぱり。あっさりしすぎていて、余韻が残りにくかったです。

この日は、座席の周りを学生の団体で埋め尽くされていました。心配していたほど、うるさくはありませんでしたが、それでも時々ヒソヒソクスクスしていたり、数人のアラームが鳴り出したりと気になることは多々ありました。休憩中に耳に入ってきた会話は「っつーか、訳分かんないんだけど~」「寝てたし~(騒がれるより100倍マシだが)」などなど。大勢いたので、中には感銘を受けた人もいるかも知れないけど、いやいや来させられたような子達のために酒井さん&山本さんの舞台を観たくても見られなかった人がいるかもしれないと思うと、ちょっと複雑な気持ちになってしまいました。

外へ出ると、クリスマスツリーが。とても綺麗でした。
20061118182433

|

« マリインスキー・バレエ出演者・演目変更 | トップページ | チケット優先予約 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとう(^^)
新制作は難しいよね。「白鳥の湖」なんてベタ中のベタな演目だし。
次回は、マイナーチェンジをしてほしいなぁ(^^;)

投稿: ミキ | 2006/11/25 23:20

酒井さんの奥ゆかしい白鳥も見てみたかったな(^^)
プロローグは、やっぱり登場早かったよね?ザハロワのときも(^_^;)
ラストは、「言いたいことはわかるが伝わりずらい」演出だったと思ったワ。
新制作にすることって良し悪しですわね~(^_^;)

投稿: ひつじ | 2006/11/25 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/12798564

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場バレエ「白鳥の湖」鑑賞(11/18):

« マリインスキー・バレエ出演者・演目変更 | トップページ | チケット優先予約 »