« ミラノ・スカラ座バレエ来日公演 | トップページ | コジョカル&ルグリ「ジゼル」 »

2007/02/09

新国立劇場バレエ「眠れる森の美女」鑑賞

★2007年2月3日(土)15:00開演 新国立劇場オペラ劇場2階席にて鑑賞

オーロラ姫:アナスタシア・チェルネンコ
デジレ王子:デニス・マトヴィエンコ
リラの精:西川貴子
カラボス:マシモ・アクリ

優しさの精:湯川麻美子
元気の精:寺田亜沙子
鷹揚の精:寺島ひろみ
呑気の精:さいとう美帆
勇気の精:厚木三杏

フロリナ王女:伊藤友季子
青い鳥:マイレン・トレウバエフ

今年初の生舞台。先日は、映画「オーロラ」を見ましたが、こちらは元祖(?)オーロラ。映画では、あまり踊りを堪能出来なかったので、今日を楽しみにしていました。

チェルネンコを見るのは、前回の日本バレエフェスティバルで、ご夫君のマトヴィエンコとバヤデールを踊っているのを見て以来2回目です。
その時は、スタイルこそ素晴らしいけれど、マトヴィエンコのサポートが良くて良かったね~というような感想を持っていたので、今回もさほど期待していませんでした。

でも、登場してすぐのオーロラのヴァリエーションがとても軽やかだったので「お?」と思いました。
それに、やっぱりスタイルは本当に素晴らしい。小さな頭、細く長い首、ほっそり長い手足、膝下は良くしなり、甲もきれいに出ています。まるで漫画に出てきそうなスタイルでした。
以前、見た時に比べればとても印象は良かったと思いますが、時折ボールド・ブラが雑に見えるのが気になりました。脚もとても良く上がっていましたが、先生によっては「上がり過ぎ!!」と注意されてしまいそうです(^^;)

ローズ・アダージョは、とても緊張していたようで、最初のアティテュードバランスは、かろうじて両手が上に上がっていましたが、二度目は、もういっぱいいっぱいだったようで、ほぼ王子の手から手へ自分の手をスライドさせているのみでした。本当にこの場面は、女性ダンサーにとってド緊張なのでしょうね。

王子のマトヴィエンコは、本当に素晴らしかったです。着地音無しのジュテを連発し、トゥール・ザンレールの着地での五番も非常に綺麗でした。
チェルネンコも、王子登場後はリラックスしているように見えました。やっぱり、安心するのかな?
グラン・パ・ド・ドゥのアダージョ、フィッシュダイブ三連発は、省略していました。最後の決めフィッシュダイブはさすがにしていましたが。
ラストのアポテオーズでの踊り、チェルネンコは覚えきれていなかったのかな?何か、もたついているように見えてしまいました。一番先頭で踊るから、手本にする人もいませんしね(^^;)

他には、フロリナと青い鳥のペアが良かったです。トレウバエフ、頑張っていました。
西川さんのリラは、私のリラ像とは微妙に違うように思えましたが、テクニックなどしっかりしていて安心して見ることが出来ました。

あと、優しさの精の湯川さんが本当に優しげに踊っていて印象に残りました。

相変わらず、噴水のジョボジョボ音は気になってしまいましたが(^^;) でも、この版での公演は今回が最後だそうですね。そう思うと、ジョボジョボ音も、切なく聞こえてきます。
次は、誰の演出なのかなぁ。また、牧センセ?

ところで、近くに座った人の香水がきつくて参りました(´Д`)
マスクをしていたのですが、お構い無しに、臭ってきて脳を刺激してくれました。
人が密集する場所に行く時は、使用量など考えてほしいものです。


|

« ミラノ・スカラ座バレエ来日公演 | トップページ | コジョカル&ルグリ「ジゼル」 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

エレナさん、コメントありがとうございます。

そうなんですか、ロシア系は、フィッシュダイブをしない演出が多いのですね。ついでに言えば、ロシア系はローズ・アダージョのバランスもあまり多く取らないような気がします。

新国立の眠りは、過去に開場記念の吉田都&熊川哲也のものをテレビで、一昨年ザハロワ&ウヴァーロフ組を舞台で見ました。吉田さんと熊川さんはフィッシュダイブしていました(英国だから?)ザハロワとウヴァーロフはどうだったかなぁ。していたような気がするのですが…。

次にどこかで見る機会があれば、しっかりチェックしたいと思います。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: ミキ | 2007/02/15 20:15

はじめまして。
この公演見たかったのですが、他のものと重なってしまい、残念でした。このマリインスキー旧版は最後ということで、是非見たかったのですが。

一つだけ気になったので。

>グラン・パ・ド・ドゥのアダージョ、フィッシュダイブ三連発は、省略していました。

ロシアのバレエ団では、このフィッシュダイブ三連発はやっていないところが多いと思います。私はヌレエフ版で初めて見て驚きました。

というよりも、別の(あまり大きくない)バレエ団で見て、ほとんどアクロバティックにオーロラが逆立ち状態だったので、王女がこんな踊り方って、下品じゃないのかしら、と思ったのですが、ルグリがやっていたのはとても上品で、やはりパリオペだと違うのね~と思いました。

新国立のはマリインスキー版なので、元々やっていないと思うのですが。以前に新国立で見たのでも、マリインスキー来日公演でも、これは入っていなかった記憶があります。

ちょっと気になったので書かせていただきました。マトヴィエンコは素晴らしかっただろうと想像つきましたが、チェルネンコが心配だったので、様子がわかってよかったです。

投稿: エレナ | 2007/02/15 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/13788413

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場バレエ「眠れる森の美女」鑑賞:

« ミラノ・スカラ座バレエ来日公演 | トップページ | コジョカル&ルグリ「ジゼル」 »