« コジョカル&ルグリ「ジゼル」 | トップページ | 花見、花見~ »

2007/03/25

K-BALLET「白鳥の湖」鑑賞

★2007年2月24日(土)18:30開演 東京国際フォーラムホールC3階席にて鑑賞

オデット:吉田都
オディール:松岡梨絵
ジークフリード王子:芳賀望
ロットバルト:スチュアート・キャシディ

はや、一ヶ月が経ってしまいました。
しかも当時体調が良くなかったので、ところどころ夢うつつのところがあり、印象もおぼろげだったのでちゃんとした感想がかけないかもしれませんが、覚えている限りで・・・。
K-バレエの白鳥の湖を見るのは二度目。以前はオデットが康村さん、オディールが中村祥子さん、王子は今回と同じ芳賀さんでした。
王子役は、本当は輪島さんでしたが怪我をしたということで、また芳賀さんを見ることになったのです。

芳賀さん、以前は王子が初役ということで、良く言えば初々しい、悪く言えば緊張しまくりだったのですが、今回は急遽代役だった割になかなか落ち着いていたように思います。
1幕、ベンノ役の橋本直樹さんがとても溌剌と踊っていたように思います。彼と宮尾俊太郎さんが、今、Kの期待の星のようですね。

都さんは、本当に素晴らしかった。体調不良でも、その素晴らしさは良く分かりました。
黒鳥の松岡さんとは体格なども違うので、「王子、間違えるなよ~」と思いましたが、きっとこの版の王子はオデットとオディールは別人だと判っていても、どうしても魅かれてしまったというような設定なんでしょうね。まさに、ファム・ファタール。
松岡さんは、この白鳥公演の時にプリンシパルに昇格なさったのですね。おめでとうございます。
3幕のグラン・パ・ド・ドゥは、音楽が通常と違うのがやや違和感ありなのですが、ロットバルトもバリバリ踊ってくれたりしてとても盛り上がるのがいいですね。

4幕での白鳥黒鳥対決も良かったです。オディールは意外にあっさりとやっつけられてしまったような気もしましたが。
最後は王子とオデットが入水して死を選び、それによって悪魔の呪いを破るのですが、死後、人間の姿に戻った都さんと王子が抱き合うシーンが本当に幸せそうで微笑ましくて、つい目頭が熱くなってしまいました。
その直後のカーテンコールで都さんは再び白鳥姿に戻り、その早替りにも感心しました。
本当は最後までカーテンコールを見ていたかったのですが、体調不良でどうにもならず、2度目のカーテンコールの前に失礼してしまいました。

次に見る時は、体調を万全に整えて行きたいと思います。

|

« コジョカル&ルグリ「ジゼル」 | トップページ | 花見、花見~ »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

すみません、お手をわずらわせてしまい(^^;)

>>ところで、Kバのオディールの衣装は例のグレーの羽の混じった黒衣装?

そうでした。なんか、毛の生え変わりみたいだった(笑)

Kプライスは何とかならないもんですかね~。新国なら2度は見られる価格ですもんね。
まあ、新国は補助が出ているから比べても仕方ないですけど。

投稿: ミキ | 2007/04/13 00:18

コメント再びチャレンジです。
今度はうまく入るかな。
都さんのオデット、見られていいな~(^^)貴重ですよね。
Kバはオデットとオディールが戦うんですか?!へぇ、さすが、二人二役ですね!
オデットvsオディールなんて、ますますもって見てみたいです。
ところで、Kバのオディールの衣装は例のグレーの羽の混じった黒衣装?
Kバのチケは高すぎて(仕方ないけど)、貧乏人の私には手がでないので、ミキさんの鑑賞記を楽しみにしています!

投稿: ひつじ | 2007/04/11 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/14228551

この記事へのトラックバック一覧です: K-BALLET「白鳥の湖」鑑賞:

« コジョカル&ルグリ「ジゼル」 | トップページ | 花見、花見~ »