« 熊川さん、大怪我 | トップページ | 懐かしの味~バニラエイト »

2007/05/20

東京バレエ団「ドン・キホーテ」鑑賞

★2007年4月14日(土)15:00開演 東京文化会館大ホール1階8列にて鑑賞

キトリ/ドルシネア姫:上野水香
バジル:高岸直樹
エスパーダ:木村和夫
メルセデス:井脇幸江

ドン・キホーテ:芝岡紀斗
サンチョ・パンサ:高橋竜太
ガマーシュ:古川和則
ロレンツォ:平野玲

若いジプシーの娘:奈良春夏
ドリアードの女王:西村真由美
キューピッド:高村順子

このペアで見るのは二度目。
以前、リフトのバランスなどが一瞬危なっかしかったことなどを思い出し、今回はどうかなぁなどと少しドキドキしながら見ていました。

キトリの水香さんは、1幕最初の方でややバランスを欠くような箇所もあったように見えてしまいましたが、その後はどんどん調子を上げていったように思います。
あの大きな目を生かした表情の演技なども良かったと思いました。
高岸さんは、すごく華のある人。年齢によるものか、時々回転などに力みが見えた場面もありましたが、やっぱり存在感がありますし、背も高いので同じく背の高い水香さんととてもお似合いでした。
片手リフトなどを決めた時、舞台上にいるその他大勢のダンサー達も拍手を送っていたのですが、本当に演技ではなく「やったね!高岸さん!!」のような暖かさがあって、ほのぼのしてしまいました(^^;)

エスパーダの木村さん、バッチリ決めているんだけど、どことなく見ているこちらの頬が緩んでしまうような雰囲気を醸し出しておりました(^^;)でも、背が高いし踊りも洗練されていてすごく栄えておりました。
メルセデスの井脇さんは本当にハマリ役。いつもながら良い姐さんっぷりでした。
ただ、無理な注文を言えば、ジプシーの娘役も井脇さんで見たかった(^^;)
でも、井脇さんや吉岡さんに及ばないながらも、奈良さんもなかなか良かったと思います。

夢の場、コール・ドの足音がいつもより少なく聞こえたのは、気のせいでしょうか。特にキューピッドの高村さんは正にフワンフワンとしたジュテでキューピッドらしさ(?)を醸し出しておりました。
でも、夢の場ですよね?何で、最後の結婚式にもキューピッド隊が出てくるんだろうか。他のバレエ団では見ない演出のような気がします。

ちょっと飛ばしてしまいましたが、酒場では、メルセデスの踊りが良かったです。やっぱり井脇さんの反りは最高!(^o^) 狂言自殺も、いつもながらに楽しいものでした。

結婚式の場面は、もう水香さん&高岸さんの独壇場。特に、アダージョでの水香さんの驚異的なバランスは大拍手ものでした(^人^)
二人とも汗びっしょりで踊ってくれて、最後まで大盛り上がりでした。
やっぱり、ドン・キホーテは、東京バレエ団が一番好きかもしれません(⌒▽⌒)

|

« 熊川さん、大怪我 | トップページ | 懐かしの味~バニラエイト »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
木村さん、格好良いはずなのに、笑みがこぼれてきそうになったのは何故でしょうね(^_^;)
東京バレエ団のドン・キホーテは、他のバレエ団より団結力のようなものが見えていいんですよね。
きっと、また見に行ってしまうんだろうな。

投稿: ミキ | 2007/05/26 22:31

東バ「ドン・キ」は本当に盛り上がって楽しいですね。
ミキさんのブログのおかげで、高岸さんの片手リフトを思い出しました(^_^;)見事でしたよね~。

>無理な注文を言えば、ジプシーの娘役も井脇さんで見たかった(^^;)
↑同感(^_^;)

木村さん/エスパーダは、髪型からしてキザ男で、なんだか私は笑いそうでした。踊りは良かったんだけどね。
また東バダンサー主演で観たいです。

投稿: ひつじ | 2007/05/26 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/14790157

この記事へのトラックバック一覧です: 東京バレエ団「ドン・キホーテ」鑑賞:

« 熊川さん、大怪我 | トップページ | 懐かしの味~バニラエイト »