« 新国立劇場舞踊部門次期芸術監督 | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 »

2008/07/01

新国立劇場バレエ「白鳥の湖」鑑賞

★2008年6月28日(土)14:00開演 新国立劇場オペラパレスにて鑑賞

オデット/オディール:寺島ひろみ
ジークフリード王子:貝川鐵夫
ロートバルト:冨川祐樹
道化:八幡顕光

幕が上がると、姫姿で縫い物をしているオデット。やがて窓辺に悪魔ロートバルトが現れ、その長いマント(翼?)でオデットを包み込むと、オデットは白鳥に。
この姫→白鳥姿辺りは、前回ザハロワで見た時よりも、スムーズで自然だったように思います。前回は確か、まだ姫姿のザハロワが見えているのに、白鳥が姿を現してしまったりしていましたから。

1幕、幕が上がると最初に目に入ったのは、元東京バレエ団の古川さんでした。とてもにこやかにワルツを踊っていました。古川さんは、他にもチャルダッシュのリードダンサーを務めていました。
彼を見られたのが嬉しくて、ついつい姿を追ってしまっていました(^_^;)
王子役の貝川さんはまずまず。スタイルの良いダンサーですね。ただ、1幕ではピルエットの時などに軸がぶれているのが気になってしまいました。後半、多少持ち直していましたが。
これは、道化役の八幡さんにも言えたことで、貝川さんは初見だったので何とも言えませんが、八幡さんは以前何度か見た時は、もっと弾けるような元気な踊りを見せてくれていたように思うので、調子が良くないのかな?と心配になってしまいました。初主役のアラジンの練習でお疲れかしら(^_^;)
他に、パ・ド・トロワですが、コーダの音楽がやたら速くて、ダンサー達が必死について行っていたのが印象的でした。

2場、寺島さんの登場シーンはとても綺麗でした。たおやかで憂いのあるしっとりしたオデット。つい守ってあげたくなる風情です。ただ、これは私の好みなのですが、アラベスクなどをした時にもっと上半身を伸ばしきって欲しいかな…と。それと、グラン・アダージョの最後に王子に頭の上で手を支えられ、ゆっくりクルクルとピルエットする所、
一瞬、サポートのバランスが乱れて、オデットがグラッとしてしまい、寺島さんの表情が凍り付いていました。
オペラグラスで見ていた私もドキッsweat01としてしまいました。
コール・ドは、相変わらず美しい。安心して見ていられます。小さい4羽の白鳥も、ピッタリと揃っていました。

2幕は、やっぱり民族舞踊が長すぎる。前にも書いたけど、ルースカヤを入れるなら、チャルダッシュかマズルカはいらないです。民族舞踊ファンには申し訳ありませんが。眠くて仕方なかったですsleepy
ルースカヤ、本島さんはなかなか良かったですが、衣装はもう少し軽そうなものに変えられないですかね。
それと、一人きりで踊るのではなく、他の民族舞踊のように複数で踊るようにしたらもっと楽しくなるかも…などと思ってしまいました。
ナポリは、全体的にものすごく音楽が速くて、ダンサーさんたちが付いていけていなかったような…。ちょっと気の毒に感じました。
オディールの寺島さんは、すごく可愛らしい。オデットとメイクも変えているのか、とても明るい印象でした。
妖艶とかファム・ファタールとかいうイメージではなかったです。普通に明るい可愛い女の子。
でも、日本人の男は、妖艶な女より明るい可愛い女の子を好きな人の方が多そうだからこれはこれでいいのかな(^^;)王子、メロメロだったし。
貝川さんは、1幕の時よりは調子が良かったように思いました、が、せっかくのスタイルなんだからもう少しパワーのあるマネージュなどを見せて欲しかったと思います。

最後、湖畔のシーン。やっぱりコール・ドは美しかったけど、黒いコール・ドはいらないなぁ。
頭に「?」が瞬いてしまって、群舞の美しさを堪能しきれないというか…。
ロートバルトは、あっさりめにやられてしまい、2人はハッピーエンド。
若い2人に楽しませてもらいました。古川さんも、これからちょくちょく見られるのかな?楽しみですhappy01

|

« 新国立劇場舞踊部門次期芸術監督 | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
古川さん、とってもニコニコ楽しそうに踊っているのでついつい目がそっちを追いかけてしまうんですよねcoldsweats01
いつも、何ヶ月も経って忘れた頃に感想を書くので、今回は早めに書いてみました。いつもこれくらいで書けるといいのですが。

この牧阿佐美版は、芸術監督が替わってもしばらくは続くんでしょうかね。ビントレーが、多少でも手を入れたりする事はあるのでしょうか。

投稿: ミキ | 2008/07/07 23:50

寺島&貝川&古川(^_^;)「白鳥」ですね~。私でも、古川さんが出てきたら、そっちを見てしまいそう(^_^;)見たかったな。
でも、細かいところまでよく観てますね!そして、ちゃんと覚えているし。
民族舞踊は、新国は確かに長すぎですよね。ルースカヤは入れる意味を私はあまり感じない(^_^;)眠くなります。
新国版は、もう少し練り直してもいいかもね。

投稿: ひつじ | 2008/07/05 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/41676391

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場バレエ「白鳥の湖」鑑賞:

« 新国立劇場舞踊部門次期芸術監督 | トップページ | 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 »