« 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞昼 »

2008/09/07

アメリカン・バレエ・シアター「海賊」鑑賞

★2008年7月19日(土)18:30開演 東京文化会館4階席にて鑑賞

メドーラ:ニーナ・アナニアシヴィリ
コンラッド:マルセロ・ゴメス
アリ:ホセ・マヌエル・カレーニョ
ビルバント:サーシャ・ラデツキー
ギュリナーラ:ミスティ・コープランド
ランケデム:ゲンナジー・サヴェリエフ
セイード・パシャ:ヴィクター・バービー

直前で、コレーラが降板(コジョカルの悲劇再び…)カレーニョに変更になるなどのハプニングがありましたが、何はともあれニーナの海賊(それもABTでのニーナはこれが最後)ということでとてもワクワクしながら劇場に向かいました。

市販されているABTの海賊(マラーホフが表紙)は見た事がありましたが、生の舞台を見るのは初めて。
基本的には、ほとんど映像と一緒でしたが、改訂を加えられている部分もありました。
DVDでは、冒頭に海賊達が意気揚々と海上の船で登場し、次のシーンではいきなり奴隷市場?になっていましたが、この日は、船の後に幕の前をメドーラとギュリナーラが市場へとさらわれていくシーンがありました。
他で見るような、メドーラ達が遭難したコンラッド達を助けるシーンはありません。この辺は好き嫌いが別れそうな気がしました。

さらに幕が上がると、そこは奴隷市場。中央では日本人エキストラ?の女の子達がロープにつながれ、助けを求めています。その演技、棒にもほどがあるだろうと言うほど棒でした(^^;)たとえ、端役でももっとやる気を見せて欲しい。幕上がりに気分を盛り上げていく場面ですから。

そして、ニーナがベールを被り輿に乗せられ登場。コンラッドのアプローチにベールを一瞬めくってみせます。
やっぱり、華があるな~ニーナ。一瞬だけど、舞台がパッとしたような気がしました。

3人のオダリスクの後(ごめんなさい、あまり印象に残りませんでした)ギュリナーラとランケデムのパ・ド・ドゥ。
ギュリナーラのコープランドは、小柄で元気な印象。ランケデムのサヴェリエフは、超絶技巧連発でした。
あのすごい回転技は、「カジョール・リヴァルタット」通称「540」と言うそうです。

コンラッドのゴメスも、とても良かったです。でも、映像のイーサンの脚があまりにも綺麗だったのでちょっと比べてしまったのが辛かったかも。

そうそう、パシャ役のヴィクター・バービーもコミカルで◎でした。

そして、ニーナ。とても調子が良さそうに見えました。前回、グルジア公演で見た時よりもずっと。
スピード感などは、どうしても昔の方が…と思ってしまいますが、踊りの華やかさなどは前より勝って見えるくらいでした。

だから、2幕のパ・ド・トロワなども、まったく心配なく見る事ができました。というか、ものすごく感動しました。
ビデオで見た時は、コンラッドは、最初と最後にちょこっと出てくるくらいで、実質アリとメドーラのパ・ド・ドゥだったのですが、その後改訂したのかコンラッドのヴァリエーションもあり、しっかりとパ・ド・トロワでした。
アリのカレーニョは、前にドン・キホーテで見た時は若干体が重そうに見えてしまったのですが、この日はとても軽やかでした。コンラッドのゴメスも冴えていました。が、やっぱりニーナが素晴らしかった。
男性にサポートされながらのピルエットなど、いったい何回転回った事だろう。「いつもより余計に回ってます」状態でした(^^;)フェッテも、いくつか変則的な技を織り交ぜ、スピードも往年の頃を彷彿とさせるほど。
失礼ながら、いったい何を食べていれば、あの年代であのパワーが生まれるのでしょうか。

寝室のパ・ド・ドゥは、一転しっとりしていてこれまた良かった。ニーナは相変わらず、パートナーに向かって思いっきりダイブするなぁ。相手の体力までもが試される瞬間です(^^;)
その後、ビルバントの策略により、コンラッドが眠らされてメドーラが連れ去られてしまいます。

パシャの屋敷で再会するメドーラとギュリナーラ。パシャは眠りにつき、夢の場へ。
うーん、やっぱり、この場面の色彩って微妙(^^;) 黄色とオレンジ、薄紫(?)って…。コール・ドは、思っていたほどバラバラではなかったけど、一糸乱れぬには遠かったような…。

その後は、コンラッド&ビルバントが旅人に化けてパシャ邸を訪問し、メドーラ達を奪還。しかし、メドーラがビルバントの策略を彼の腕の傷と共にコンラッドに示し、コンラッドはビルバントを倒し、メドーラ、アリ&ギュリナーラ、手下達と船で海へ。
すると大嵐が船を襲い、生き残るのはメドーラとコンラッドのみ…でめでたしめでたし(あんまりめでたくない^^;)
いつも思うけど、何でアリやギュリナーラも助けてあげないのかなぁ。
後半の記憶は、不確かなので筋しか書けなかったけど、全体的にやっぱりとても楽しいバレエでした。
ニーナの好調ぶりが特に嬉しくて(*^-^)

ニーナ率いるグルジアバレエが、再来年に来日予定との事。今現在、グルジアの政情が不安定で心配ではあるけれど、また元気に来日してほしいと思っています。
バレエ「海賊」全3幕


|

« 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞昼 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/41913770

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・バレエ・シアター「海賊」鑑賞:

« 英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞昼 »