« シュツットガルトバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「白鳥の湖」鑑賞 »

2009/02/17

シュツットガルトバレエ団「オネーギン」鑑賞

★2008年11月30日(日)15:00開演 東京文化会館大ホール4階L席にて鑑賞

オネーギン:フィリップ・バランキエヴィッチ
タチヤーナ:マリア・アイシュバルト
レンスキー:アレクサンドル・ザイツェフ
オリガ:エリザベス・メイスン
グレーミン公爵:ジェイソン・レイリー

昨年の公演を今頃…sweat01
オネーギン全幕鑑賞は初。
眠りでは、麗しい王子を演じたバランキエヴィッチが、イケメンだけどすごく感じの悪いオネーギンを演じてくれました(^_^;)
全体的に落ち着いたセットと衣装に好感を持ちました。
眠りもそうでしたが、ユルゲン・ローゼの美術はとても好みです。
眠りでアリババを演じたザイツェフのレンスキーも若々しく、良かったと思いました。オリガもほどよく、幼くて。

アイシュバルトのタチヤーナ、1幕は夢見がちのちょっと垢抜けない少女を好演していました。
流れるような鏡のパ・ド・ドゥはとてもきれいでした。タチヤーナが鏡の中の自分と向かい合う場面(鏡の中には別のバレリーナ)は、志村けんとジュリーの鏡コントを思い出してしまいましたsmile

レンスキーとの決闘に至る場面は、オネーギンの意地悪さとオリガの無邪気さが上手いなと思いました。
見ているこっちまでちょっとイラッとするほど。
それと、この場面に登場するグレーミン伯爵のレイリー、ちょっと老けメイクすぎやしないかなcoldsweats01
3幕であれならまだしも、2幕はせめてオジサン止まりにしてほしかった。あれじゃ、おじいちゃんだもの。

3幕、タチヤーナとオネーギンのパ・ド・ドゥは切なかったです。
オネーギンは、最後まで未練たらしかったなぁ。逃がした魚は大きかったね。

眠れる森の美女のようなバリバリの夢物語も良かったし、どっしり重い物語バレエも良かったです。
どちらの演目も見られて幸せでした。

|

« シュツットガルトバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「白鳥の湖」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/43485926

この記事へのトラックバック一覧です: シュツットガルトバレエ団「オネーギン」鑑賞:

« シュツットガルトバレエ団「眠れる森の美女」鑑賞 | トップページ | 東京バレエ団「白鳥の湖」鑑賞 »