« アニメ毎日かあさん | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエ団「ナポリ」 »

2009/05/30

「ザハーロワのすべて」Aプロ鑑賞

★2009年5月2日(土)18:00開演 東京文化会館5階席にて鑑賞

●第一部
「カルメン組曲」
振付:アロンソ/プリセツキー
音楽:ビゼー/シチェドリン

カルメン:スヴェトラーナ・ザハロワ
ドン・ホセ:アンドレイ・ウヴァーロフ
闘牛士(エスカミリオ):アルテム・シュピレフスキー
コレヒドール(ツニガ):ヤン・ヴァーニャ
運命:オクサーナ・グリャーエワ
たばこ売りの女達:タチヤナ・リョーゾワ/オリガ・キフャーク
他キエフ・バレエ団

ザハロワの脚ってやっぱりすごい。
足首を少し曲げ伸ばししただけで、台詞を語っているように見える。
衣装は、最初に着ていた赤いものよりも、次に着ていた黒の衣装の方が似合っていたように思いました。
ウヴァーロフは、ピルエットの時の軸のブレがやや気になりましたが、ジュテやマネージュなどの跳躍系は
勢いがあって良かったと思います。
アルテム、男前は相変わらずだったけど、体型がややむっちりしたように見えたのが気になりました。
踊りも、まだもっさりしているかなぁ。もうちょっと頑張って欲しい。
あと、髪型がヘン。3割は男前を下げてしまっていると思う。
コレヒドールのヤン・ヴァーニャはキエフのダンサーなんですね。彼はとてもキレのある踊りをしていて目にとまりました。プロフィールの写真は、素朴な感じなのだけど舞台の彼はとても渋い。ティボルトなどが似合いそうだと思いました。
タバコ売りのうち、リョーゾワがすごく可愛らしいと思いました。でも、キフャークの方がテクニックは安定していたかもしれません。
運命が、東京バレエ団で見た時は、もっとtaurusっぽかったのですが、こちらは死神っぽい。メイクのせいなのでしょうか。
それとホセの赤地に黒水玉の衣装は、絶対確定なんですかねcoldsweats01?もうちょっとシンプルでいいのでは?


●第二部
「海賊」第二幕のパ・ド・ドゥ
ニーナ・カプツォーワ/イワン・ワシリエフ

カプツォーワは、ワシリエフの超絶技巧の前におとなしい印象を受けましたが、端正な踊りで私は好きだと思いました。
ワシリエフは、相変わらずの超絶技巧。ガラにふさわしく盛り上がりました。
マネージュの時の変わった回転。あれ、なんていうのかな。
あと、「540ファイブフォーティ」も、ぴったりきまっていました。
…ただ、あの衣装はどうかなぁ。ピンクのパジャマのズボンみたいなやつ。普通のハーレムパンツじゃだめなのかな。

「アダージョ」
振付:アレクセイ・ミロシニチェンコ
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ
アンドレイ・メルクリエフ

薄暗い照明の中、黒っぽい衣装を着けたメルクリエフがゆったりと踊っていました。
正直、あんまり覚えていませんcoldsweats01
でも、綺麗でした。

「Revelation」
振付:平山素子
音楽:ジョン・ウィリアムズ(シンドラーのリスト)
スヴェトラーナ・ザハロワ

真っ暗な舞台の真ん中に椅子が1脚あり、その周りに1m四方くらいの四角いスポットが次々に当たり、何度目かのスポットの中にザハロワが立っていました。
ザハロワは椅子を中心にそれを倒したり飛び越えたりしながら踊ります。
裸足の甲に見とれました~。最後に倒した椅子の上で何かを見据えたように立ちつくすザハロワには感動しました。もっと踊り込んでもらって、また見てみたいと思いました。

「エスメラルダ」
振付:ペロー/音楽:プーニ
オリガ・キフャーク/ヤン・ヴァーニャ

私が知っているタンバリンと脚を高く上げていく版とは違っていました。
なので、あんまり印象がヾ(;´Д`A
ヤンはやっぱり渋かったです。

「ブラック」
振付:ヴェンティリア/音楽:オーブリー
スヴェトラーナ・ザハロワ/アンドレイ・メルクリエフ

今までのコンテと違い、アップテンポで二人がクルクル踊っていました。
ザハロワのこれまでのイメージと違っていたのですが、とても似合っていました。
ザハロワはクラシックの人だと思っていたけれど、コンテも面白い。
また見てみたい演目の一つです。

「マグリットマニア」
振付:ユーリ・ポソホフ
音楽:ベートーヴェン/クラサーヴィン
ネッリ・コバヒーゼ/アルテム・シュピレフスキー

以前、ボリショイ・マリインスキー合同ガラでも見た作品。
ネッリの赤いドレスの女が印象的でした。バックも以前見た時はシンプルだったような気がするのですが、この時は絵画のようなバックでした。ちょっと暗くて見えにくかったのですが、屋根のような…?

「クレイジー」
振付:ボンドゥール/音楽:ピアソラ
イワン・ワシリーエフ

ワシリーエフが弾けていました。3分という短い時間に、これでもかとテクニック満載。
会場も、とても盛り上がっていました。
それにしても、ワシリーエフ、合同ガラで見た時と印象が変わったなぁ。
大人っぽくなったというか…おっさんぽくなった?(;´▽`A``

「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
スヴェトラーナ・ザハロワ/アンドレイ・ウヴァーロフ
オリガ・キフャーク/タチヤナ・リョーゾワ

ガラの最後にふさわしい盛り上がり。ザハロワはもちろん、ウヴァーロフも弾けていました。
クラシックチュチュのザハロワはやっぱり美しい。

フィナーレがとても楽しかったです。曲に乗ってそれぞれのダンサーが思い思いの(?)テクニックを見せながらまた舞台袖へと…。
これをアンコールでもう一度やってくれました。
ザハロワのいろいろな面を見られてとても楽しい舞台でした。

|

« アニメ毎日かあさん | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエ団「ナポリ」 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/44931386

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザハーロワのすべて」Aプロ鑑賞:

« アニメ毎日かあさん | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエ団「ナポリ」 »