« 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞 | トップページ | 東京シティバレエ団「ロミオとジュリエット」鑑賞 »

2009/07/10

世界バレエフェスティバル「秘蔵記録映像上映会」鑑賞

20090706144556
★2009年6月28日(日)13:00日経ホール

1976年の第一回から2006年の第11回まで過去30年の世界バレエフェスティバルのハイライトシーンを編集したものです。

●「ロミオとジュリエット」(第一回1976年)
音楽:ベルリオーズ 振付:G.スキビン
マーゴ・フォンティーン/イワン・ナジー
バルコニーのシーン。この時のマーゴは60歳近いはずなのですが、みずみずしい演技はさすがでした。

●「ラ・バヤデール」(第一回1976年)
音楽:ミンクス 振付:プティパ
マリアーナ・チェルカスキー/フェルナンド・ブフォネス
影の王国より。ラテン系ダンサーの草分け的存在のブフォネス。テクニックに見惚れました。

●「レダ」(第二回1979年)
音楽:日本の伝統音楽 振付:M.ベジャール
マイヤ・プリセツカヤ/ジョルジュ・ドン
ギリシャ神話のレダと白鳥をモチーフに。途中、マイヤがレオタード姿のまま瀕死の白鳥を踊っていました。
腕の動きにうっとりしました。

●「パ・ド・カトル」(第二回1979年)
音楽:プーニ 振付:A.ドーリン
アリシア・アロンソ/カルラ・フラッチ/ギレーヌ・テスマー/エヴァ・エフドキモワ
非常に贅沢な配役のパ・ド・カトル、なのですが、昔の映像なので誰が誰やら分からないうちに終わってしまいました。せめて、それぞれのヴァリエーションくらいやってほしかったです。4人で踊って終わってしまったので。

●「ドン・キホーテ」(第二回1979年)
音楽:ミンクス 振付:プティパ/ゴールスキー
エカテリーナ・マクシーモワ/ウラジーミル・ワシリーエフ
先日亡くなったマクシーモワ、と夫君ワシーリエフのコンビネーションは素敵でした。
ワシーリエフのエネルギッシュなバジル、堪能させていただきました。

●「ボレロ」(第三回1982年)
音楽:ラヴェル 振付:M.ベジャール
ジョルジュ・ドン/東京バレエ団
後半部分のみでしたが、オーラは十分伝わってきました。是非生で見たかったです。

●「海賊」第二幕より(第三回1982年)
音楽:ドリゴ 振付:プティパ
エヴァ・エフドキモワ/ペーター・シャウフス
エフドキモワは写真でしか見たことが無かったのですが、鮮明でない映像で見ても素敵。
生で見られなかったことが悔やまれます。
エフドキモワのものは、DVDも出ていないんですよね。
シャウフスは、イヴリン・ハートの白鳥の湖で王子を踊っているのを見ましたが、王子とは違ってパワフルな踊りを見せてくれました。

●「ジゼル」第二幕より(第三回1982年)
音楽:アダン 振付:J.コラーリ/A.アロンソ
アリシア・アロンソ/ホルヘ・エスキヴェル
何しろ、暗い画面でした。古いものだということを差し引いても暗かったcoldsweats01
アルブレヒトなどはまるっきり見えませんでしたが、ジゼルは衣装の白さのおかげでかろうじて見えました。
顔などはまるで分かりませんが、うっすら見える白色はゆらゆら宙を漂っているようで、本当に精霊に見えました。
暗さ効果かcoldsweats01

●「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ(第三回1982年)
音楽:チャイコフスキー 振付:プティパ
ジョイス・クォーコ/ピーター・ブロイヤー
失礼ながらこの2人のことは全く知りませんでした。
ガラにふさわしく、グルグル踊り、拍手喝采を浴びていました。

●「オネーギン」(第四回1985年)
音楽:チャイコフスキー/シュトルツ 振付:J.クランコ
マリシア・ハイデ/リチャード・クラガン
多分、鏡のパ・ド・ドゥだったと思います。
短時間ですが、素晴らしさが伝わりました。ハイデの台詞が聞こえてくるようでした。

●「ドン・キホーテ」(第四回1985年)
音楽:ミンクス 振付:プティパ
モニク・ルディエール/パトリック・デュポン
とにかくパトリックがすごすぎ。すごすぎて、客席に笑いが起きるくらいでした。ザ・お祭り男でしたcoldsweats01

●「失われた時を求めて」(第四回1985年)
音楽:サン=サーンス 振付:R.プティ
ドミニク・カルフーニ/デニス・ガニオ
マチュー・ガニオの両親の踊り。マチューはパパ似ですね。カルフーニは本当に脚が綺麗。
娘さんもいるそうですが(マチューの妹?)、ママの脚線美を引き継いでいたらさぞや…と思いました。

●「グラン・パ・クラシック」(第五回1988年)
音楽:オベール 振付:V.グソフスキー
シルヴィ・ギエム/マニュエル・ルグリ
いつまでも見ていたい踊りでした。若いのに、あの完成度はすばらしい。
ギエムのヴァリが丸ごとカットされていたのが非常に残念でした。

●特別プログラム「白鳥の湖」全幕(第五回1988年)
音楽:チャイコフスキー
ペーター・シャウフス/パトリック・デュポン/アニー・マイエ/ヤナ・クーロワ/イルジ・ホラック/エヴァ・エフドキモワ/デヴィッド・ニクソン/シルヴィ・ギエム/マニュエル・ルグリ/カルラ・フラッチ/ウラジーミル・デレヴィヤンコ/シリル・アタナソフ/マリシア・ハイデ/リチャード・クラガン他
贅沢すぎるプログラム。2幕のオデットはエフドキモワ、オディールはギエム、4幕のオデットはハイデでした。
パトリックの道化のすごさにまたも会場が笑いに包まれていました。
フラッチとデレヴィヤンコ(多分)の踊っていたロシアの踊りが目を引きました。新国の白鳥の湖のロシアも、ああいう踊りだったら…などと思ってしまいました。新国のは、いまいち盛り上がりに欠けるといつも思ってしまうので…。
もう、こういった全幕プロを上演するのは無理なのでしょうか。お願いします、佐々木さんshine

●「ライモンダ」(第六回1991年)
音楽:グラズノフ 振付:Y.グリゴローヴィチ
ニーナ・アナニアシヴィリ/アンドリス・リエパ
ニーナがとても可愛らしいhappy01ライモンダが似合っていました。リエパも、マント姿がお似合い。

●「椅子」(第七回1994年)
音楽:ワーグナー 振付:M.ベジャール
マリシア・ハイデ/ジョン・ノイマイヤー
ベジャールの振付をノイマイヤーが踊るという貴重な映像を見せていただきました。

●「パリの炎」(第八回1997年)
音楽:アサフィエフ 振付:V.ワイノーネン
フェルナンダ・タバレス=ディニス/ホアン・ボアダ
うーん、あんまり記憶にありません。ボアダがグルグル回っていたような気がします。

●「エスメラルダ」(第八回1997年)
音楽:プーニ 振付:プティパ
アニエスもジョゼも若い。ジョゼの踊りは真面目な感じでとても好きです。

●「マノン」より寝室のパ・ド・ドゥ(第九回2000年)
音楽:マスネ 振付:K.マクミラン
アレッサンドラ・フェリ/ウラジーミル・マラーホフ
ああ、これ全幕で見たかったなぁ。この2人のジゼル全幕ははげしく感動したので。
フェリは背中も柔らかいので、リフトの時などに背中を反らせたりする時もパートナーにぴったりくっついている感じがとても好きです。

●「アダージェット」(第十回2003年)
音楽:マーラー 振付:M.ベジャール
ジル・ロマン
これは実際に見ていましたが、会場の異様なほどの静寂が忘れられません。
暗くてほぼピンスポットの中、空に向かって何かをつかもうとしている(?)ジルが印象的でした。

●「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(第十回2003年)
音楽:チャイコフスキー 振付:G.バランシン
アリーナ・コジョカル/アンヘル・コレーラ
これも実際に見ました。とにかく、見ていて楽しくなった記憶があります。コジョカルの軽やかさとコレーラのこれでもかとばかりの勢いは、まさにお祭りでした。バランシンとはちょっと違うのかも知れませんがcoldsweats01

●「優しい嘘」(第十回2003年)
音楽:C.モンテヴェルディ/C.ジェズアルド/グレゴリオ聖歌
振付:J.キリアン
シルヴィ・ギエム/ニコラ・ル・リッシュ
これも、実際に見た作品。ニコラとの息がぴったりで、全てが流れるようでした。

●「椿姫」より第三幕のパ・ド・ドゥ(第十一回2006年)
音楽:ショパン 振付:J.ノイマイヤー
ジョエル・ブーローニュ/アレクサンドル・リアブコ
情感たっぷり。椿姫の全幕がまた見たくなりました。

●「扉は必ず…」(第十一回2006年)
音楽:ハウブリッヒ 振付:J.キリアン
オレリー・デュポン/マニュエル・ルグリ
フラゴナールの「閂」をモチーフにした作品。動きなどとても面白いのですが、ところどころ音楽が単調で動きもゆったりしている場面ではものすごい睡魔に襲われたことを、思い出しましたsleepy

●「TWO」(第十一回2006年)
音楽:カウトン 振付:R.マリファント
シルヴィ・ギエム
2m四方のライトの中で踊るギエム。照明が暗いので、ギエムが動かす脚や腕の残像が印象的な踊り。
すごく格好良いです。

●「ロミオとジュリエット」よりバルコニーのパ・ド・ドゥ(第十一回2006年)
音楽:プロコフィエフ 振付:J.クランコ
ポリーナ・セミオノワ/フリーデマン・フォーゲル
まさにロミオとジュリエットのよう。以前、フォーゲルのロミオは見たのですがとてもさわやかで素晴らしいものでした。ぜひ、この2人でも全幕で見たいですね。

●「ジュエルズ」よりダイアモンド(第十一回2006年)
音楽:チャイコフスキー 振付:G.バランシン
ディアナ・ヴィシニョーワ/ウラジーミル・マラーホフ
映像でもキラキラしていました>ヴィシニョーワ。
今年のガラ公演でも、ダイアモンドを踊る予定のようですね、楽しみです。

どれも貴重な映像でした。出来ればサプライズもちょこっとくらい見たかったですねcoldsweats01

20090628142736会場に飾られていた衣装。他にも色々飾られていました。
向かって左がロイヤル・バレエのヌニェス着用のオーロラ姫で右はヌレエフ着用のカラボス。

|

« 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞 | トップページ | 東京シティバレエ団「ロミオとジュリエット」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/45479072

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バレエフェスティバル「秘蔵記録映像上映会」鑑賞:

« 東京バレエ団「ジゼル」鑑賞 | トップページ | 東京シティバレエ団「ロミオとジュリエット」鑑賞 »