« 世界バレエフェスティバル「秘蔵記録映像上映会」鑑賞 | トップページ | 第12回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「ドン・キホーテ」鑑賞 »

2009/07/31

東京シティバレエ団「ロミオとジュリエット」鑑賞

★2009年7月19日(日)15:00開演 ティアラこうとう2階席にて鑑賞

ジュリエット:志賀育恵
ロミオ:キム・ボヨン
ティボルト:佐藤雄基
マキューシオ:チョ・ミンヨン
ベンヴォーリオ:春野雅彦
パリス:小林洋壱
キャピュレット:青田しげる
キャピュレット夫人:上山千奈
乳母:加藤浩子

音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:石井清子/中島伸欣

初めてシティバレエを見に行きました。ホールはこじんまりながらも綺麗でした。
ロビーでは、ピアノ・バイオリン・チェロの生演奏noteを聴くことが出来ました。入場した時に「やけに綺麗なBGMだな」と思っていたら生演奏でしたconfident
舞台も広くないので、場面ごとに大きな壁4枚をくっつけたり離したりして、それぞれのシーンを作り上げるなど工夫されていました。

志賀さんは、ほっそりしていて小柄なのでジュリエットが似合っていました。ラインもとても綺麗で見とれてしまいました。 
ロミオのキム・ボヨンも、まずまず。マキューシオのチョ・ミンヨンは、顔立ちやおどけた演技などがどことなく新国の八幡さんを彷彿とさせるものがありました。
出会いの場面は、割とあっさりめに感じたのですが、その後のバルコニーのパ・ド・ドゥは、まさに「恋の喜び」という感じで2人ともとても嬉しそうに踊っていました。
時々、自分の体を殴るような(マッスルミュージカルを思い出した)振付がオリジナルなのでしょうか。

運命の女たちという黒いドレスと赤い手袋を着けた4人の女性が、場面場面に出てきて二人を翻弄していました。
修道士の策で、ジュリエットに仮死の薬を与えたと言う知らせは、修道士の使いがロミオに知らせる途中で運命の女たちが道中に倒れており、その介抱をしている間に、ベンヴォーリオが使いを追い抜かし先にロミオにジュリエットの死を知らせてしまいます。

霊廟にロミオがかけつけ、パリスはやっぱり殺されてしまうのですね、可哀想sweat02
マクミラン版等で見たような仮死状態のジュリエットと踊るようなことはせず、純粋にロミオはジュリエットの死を悲しみ、毒を飲んで死に至ります。
ジュリエットは、目覚めた後にロミオがそばにいることを最初は喜ぶのですが、死んでいることに気づき絶望に泣き叫ぶのですが、この辺りの演技も良かったです。うるっとしてしまいました。
2人が亡くなると、2人が倒れている台の銀色のカバーが徐々に広がっていき、舞台を埋め尽くします。まるで銀の海か空に2人が浮かんでいるようです。とても綺麗でした。
でも、そのカバーの下にはパリスの遺体が…。最後まで可哀想coldsweats01
志賀さんのジュリエットがとにかく素晴らしいと思いました。

|

« 世界バレエフェスティバル「秘蔵記録映像上映会」鑑賞 | トップページ | 第12回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「ドン・キホーテ」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/45685837

この記事へのトラックバック一覧です: 東京シティバレエ団「ロミオとジュリエット」鑑賞:

« 世界バレエフェスティバル「秘蔵記録映像上映会」鑑賞 | トップページ | 第12回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「ドン・キホーテ」鑑賞 »