« 「バレエの神髄」鑑賞 | トップページ | 「エトワール・ガラ Aプロ」鑑賞 »

2010/08/08

パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」鑑賞、いまさら

★2010年3月20日(土)13:30開演 東京文化会館大ホール5階席にて鑑賞

ジゼル:アニエス・ルテステュ
アルブレヒト:ジョゼ・マルティネス
ヒラリオン:ジョシュア・オファルト
ペザント・パ・ド・ドゥ:メラニー・ユレル/エマニュエル・ティボー

ミルタ:マリ=アニエス・ジロー
ドゥ・ウィリ:マリ=ソレーヌ・ブレ/サラ=コーラ・ダヤノヴァ

昨年の世界バレエ・フェスティバルのガラ公演で見て、絶対このペアのジゼルを見たいと思っていました。
その時に感動しすぎたせいか、この日の公演は「少し抑え目?」と思ってしまいました。
でも、1幕で出てきたジゼルは、アニエスなので大柄なのにどこか儚げで、アルブレヒトとの幸せは長く続かないのだろうなというような空気感が流れていました。
これはアニエス独特のものだと思います。

ジョゼは、やっぱりとてもノーブル。立っているだけで、気品があふれていました。
ラブラブなんだけど、やっぱり上品w
狂乱場面のアニエスは、静かに狂っていくという感じでした。
やっぱり、かわいそうなアニエスは私のツボですcrying

そして、ミルタのジロが絶品でした。
冷たい威厳、なめらかなパ・ド・ブーレ。本当にきれい。
好きなミルタの上位に入ると思いました。

今回の公演は「シンデレラ」「ジゼル」、割とオーソドックスな演目でしたが(シンデレラは演出が違いますが)やはり底力があるのだなぁと感じました。
次回は、どんな演目をもってきてくれるのでしょうか。楽しみです。

|

« 「バレエの神髄」鑑賞 | トップページ | 「エトワール・ガラ Aプロ」鑑賞 »

「バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86040/48371553

この記事へのトラックバック一覧です: パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」鑑賞、いまさら:

« 「バレエの神髄」鑑賞 | トップページ | 「エトワール・ガラ Aプロ」鑑賞 »