« 2011年1月 | トップページ

2013年8月

2013/08/31

ディアナ・ヴィシニョーワ-華麗なる世界 Aプロ鑑賞

★2013年8月18日(日)15:00開演 ゆうぽうとホール2階席にて鑑賞

オープニングは、マルセロ・ゴメス振付。
幕が開くと、出演ダンサーが順番にレッスン着(?)で出てきて、踊ってくれました。
とても洒落た雰囲気で、この後が楽しみに…happy02

■■ 第一部 ■■

◎オテロ
振付:ジョン・ノイマイヤー 音楽:アルヴォ・ベルト
エレーヌ・ブシェ、ティアゴ・ボアディン

長い薄物の衣装のブシェと、腰に布を巻きつけただけのボアディン。
緊張感があって、妙にひきつけられました。
途中、ボアディンの腰布がずれて、お尻の谷間が見えていたので「ケツ、見えてまんがな」と思ってしまったのですが、結局、最後は腰布を全部外して、デズデモーナ(?)に巻きつけていたので、そういう演出だったのですねcoldsweats01(当たり前かsweat01
腰布の下は、肌色のTバックなので、本当に全裸のようでした。

◎コッペリア
振付:ミハイル・バリシニコフ 音楽:レオ・ドリーブ
メラニー・ユレル、マチアス・エイマン

エイマンは、良かったと思うのですが、ユレルはあまり調子良さそうに見えませんでした。
あとは、いまいち印象に残りませんでした。

◎失われた時を求めて より “モレルとサン・ルー”
振付:ローラン・プティ 音楽:ガブリエル・フォーレ
マルセロ・ゴメス、デヴィッド・ホールバーグ

モレルがサン・ルーを誘惑し翻弄する場面。同性愛を彷彿とさせるような振付です。
肌色のレオタードを着ているため、裸体を想像させます。
とてもひき込まれましたが、ゴメスがちょっと健康的すぎるように見えてしまいました。
でも、美しい男性二人の踊りは、良いですねlovely

◎チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
アシュレイ・ボーダー、ホアキン・デ・ルース

この前日、古傷が再発してしまったホアキン、予定していたドン・キホーテを踊れなくなった分、このチャイパドを目いっぱい踊ってくれました。
足を傷めているようにはとても見えないほど。
グランド・ピルエットをしながら、ぴょこんとジャンプする技も見せてくれました。
パートナーのボーダーも、小気味良いステップで、魅せてくれました。
二人とも、音楽にピタピタ合っていて、見ていて気持ちよかったです。さすがNYCBと思わせてくれました。

続きを読む "ディアナ・ヴィシニョーワ-華麗なる世界 Aプロ鑑賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ