バレエ

2013/08/31

ディアナ・ヴィシニョーワ-華麗なる世界 Aプロ鑑賞

★2013年8月18日(日)15:00開演 ゆうぽうとホール2階席にて鑑賞

オープニングは、マルセロ・ゴメス振付。
幕が開くと、出演ダンサーが順番にレッスン着(?)で出てきて、踊ってくれました。
とても洒落た雰囲気で、この後が楽しみに…happy02

■■ 第一部 ■■

◎オテロ
振付:ジョン・ノイマイヤー 音楽:アルヴォ・ベルト
エレーヌ・ブシェ、ティアゴ・ボアディン

長い薄物の衣装のブシェと、腰に布を巻きつけただけのボアディン。
緊張感があって、妙にひきつけられました。
途中、ボアディンの腰布がずれて、お尻の谷間が見えていたので「ケツ、見えてまんがな」と思ってしまったのですが、結局、最後は腰布を全部外して、デズデモーナ(?)に巻きつけていたので、そういう演出だったのですねcoldsweats01(当たり前かsweat01
腰布の下は、肌色のTバックなので、本当に全裸のようでした。

◎コッペリア
振付:ミハイル・バリシニコフ 音楽:レオ・ドリーブ
メラニー・ユレル、マチアス・エイマン

エイマンは、良かったと思うのですが、ユレルはあまり調子良さそうに見えませんでした。
あとは、いまいち印象に残りませんでした。

◎失われた時を求めて より “モレルとサン・ルー”
振付:ローラン・プティ 音楽:ガブリエル・フォーレ
マルセロ・ゴメス、デヴィッド・ホールバーグ

モレルがサン・ルーを誘惑し翻弄する場面。同性愛を彷彿とさせるような振付です。
肌色のレオタードを着ているため、裸体を想像させます。
とてもひき込まれましたが、ゴメスがちょっと健康的すぎるように見えてしまいました。
でも、美しい男性二人の踊りは、良いですねlovely

◎チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
アシュレイ・ボーダー、ホアキン・デ・ルース

この前日、古傷が再発してしまったホアキン、予定していたドン・キホーテを踊れなくなった分、このチャイパドを目いっぱい踊ってくれました。
足を傷めているようにはとても見えないほど。
グランド・ピルエットをしながら、ぴょこんとジャンプする技も見せてくれました。
パートナーのボーダーも、小気味良いステップで、魅せてくれました。
二人とも、音楽にピタピタ合っていて、見ていて気持ちよかったです。さすがNYCBと思わせてくれました。

続きを読む "ディアナ・ヴィシニョーワ-華麗なる世界 Aプロ鑑賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

新国立劇場バレエ「ラ・バヤデール」鑑賞

★2011年1月15日(土)16:00開演 新国立劇場オペラパレス3階席にて鑑賞

ニキヤ:小林ひかる
ソロル:デニス・マトヴィエンコ
ガムザッティ:厚木三杏
ハイ・ブラーミン:森田健太郎
マグダヴェヤ:吉本泰久
黄金の神像:福岡雄大
トロラグヴァ:貝川鐡夫
ラジャー:逸見智彦

ジャンペの踊り:井倉真未、大和雅美
つぼの踊り:湯川麻美子

パ・ダクシオン
ブルーチュチュ:西川貴子、寺島まゆみ、丸尾孝子、本島美和
ピンクチュチュ:さいとう美帆、高橋有里、西山裕子、米沢唯
アダージオ:マイレン・トレウバエフ、菅野英男

影の王国
第一ヴァリ:寺島まゆみ
第二ヴァリ:西川貴子
第三ヴァリ:丸尾孝子


当初予定されていたザハロワが、産休のため英国ロイヤルバレエ団の小林ひかるさんが代役に。
小林さんは、とてもたおやかでおしとやかなニキヤでした。凛とした強さも持っていたように思います。
ザハロワがいない分?マトヴィエンコがキレッキレの踊りを見せてくれました。
マトヴィエンコのソロルは、婚約式でもニキヤに未練たっぷりといった感じでした。
ニキヤが毒蛇にかまれ、大僧正に解毒剤を手渡された後、ソロルの方を見ると、これまで見てきたバヤデールでは、だいたいソロルとガムザッティが寄り添っていて、それを見たニキヤが絶望して解毒剤を飲まずに死んでいくという流れだったと思うのですが、この日は、毒蛇にかまれたニキヤを見てソロルがずっとオロオロ泣いていました。
ガムザッティとも離れていて、これではニキヤが絶望して解毒剤を拒否…という流れが不自然なような?

影の王国のシンクロっぷりはさすが新国shineと思いました。素晴らしいhappy01
本当に、影の王国はコール・ド泣かせだと思うので、ここまでそろえるには日頃からどれほどの鍛錬を積んでいるのだろうと思うと、胸が熱くなりますweep
スロープを降りた後のバランスの連続で、バランスを崩しそうになる人が数人いますが、それを差し引いても素晴らしいと思いました。

小林さんは、1~2幕のオリエンタルなニキヤの方が似合っていたように思います。
ここでは、少し背中が硬いように見えてしまいました。
緊張もあったのでしょうね。
そして、ソロルはここでも、ガンガン踊ってくれました。ちょっと笑ってしまうほど。
小林さんは、ラストの寺院崩壊の時のおごそかな雰囲気が良かったです。
せいいっぱい、ニキヤを演じてくれました。

おかげさまで、以前の白鳥の湖でのザハロワ降板の時のようながっかり感はありませんでしたが、やっぱりザハロワが見たくなりましたcoldsweats01
なので家に帰ってから、これを見てしまいましたsweat01

やっぱり、ザハロワは神々しい(*´Д`*)shine
影の王国は断然、新国の方がイイですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/02

東京バレエ団「M」鑑賞

★2010年12月19日(日)15:00開演 東京文化会館大ホール1階5列目にて鑑賞20110102133350


少年:肥田宏哉
I-イチ:高岸直樹
II-ニ:後藤晴雄
III-:木村和夫
IV-シ(死):小林十市
聖セバスチャン:長瀬直義
射手:永田雄大
船乗り:平野玲
女:上野水香
海上の月:渡辺理恵
オレンジ:吉川留衣
ローズ:奈良春夏
ヴァイオレット:田中結子

ピアノ:三原淳子


ダンサー復帰、そして引退する小林十市さん目当てで見に行きました。
Mを見るのは初めてです。
三島由紀夫、そしてその作品をモチーフにしているということで、ほんの少しだけ本を読んでいきました。
でも、良く分からない箇所多数でした。
こういう作品は考えたらいけないんだなぁと思いました。
小林十市さんは、とても良かったです。ブランクがあって、調整が大変だったとは思いますがそれを感じさせないほど素晴らしかったです。
以前見ていた人は、違う!と思うかも知れませんが。
最初、おばあちゃんの扮装で出てきた時は、「志村?」と思ったし、上手にあった黒板にチョークで「死」の文字を一角ずつ書いていく時に出る「キーーーーーsweat01」の音が身震いするほど嫌でしたがcrying、踊りはとてもきれいで、特に最後のソロなどはものすごい気迫を感じました。
初演のキャストで見られたのは、とてもラッキーだったと思います。

イチ、ニ、サンの中で、私が良かったと思ったのはサンの木村さん。
高岸さん、後藤さんは、時折「お疲れ?」感が見えてしまった時がありました。
あと「女」の水香さんが、見た目だけでなく踊りの流れ、ポーズなどがいちいち綺麗でした。

私には少し難解な作品でしたが、伝わってくるものがあり、終わってみれば不思議な感動がありました。
特に、十市さんはお疲れ様です。引退といわず、小品でかまわないので時々は踊ってほしいものです。

おくればせながら、あけましておめでとうございますfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

「エトワール・ガラ Aプロ」鑑賞

★2010年8月1日(日) 14:00開演 オーチャードホール3階席にて鑑賞

【第一部】

◎「シルヴィア」第一幕より
振付:J.ノイマイヤー/音楽:L.ドリーブ
シルヴィア・アッツォーニ/アレクサンドル・リアブコ

シルヴィアがシルヴィアを踊ってくれましたw
アッツォーニの長いウェイビーな金髪が、女神感をアップしていました。
リアブコのアミンタを翻弄していました。
アッツォーニの脚のライン、好きですheart01

◎「カルメン」よりパ・ド・ドゥ
振付:R.プティ/音楽:G.ビゼー
エレオノーラ・アバニャート/マチュー・ガニオ

二人の踊りは嫌いじゃなかったけど、もう少し官能的な雰囲気が欲しいと思いました。
フェリやタマラで見た、ルルベを強調しながら、観客を見下ろすようなポーズがあまり印象に残らなかったような…?
マチューは時々サポートが不安な時があり、踊り込んだらもっと良くなるのかなと思いました。

◎「天井桟敷の人々」よりスカルラッティ・パ・ド・ドゥ
振付:J.マルティネズ/音楽:D.スカルラッティ
ドロテ・ジルベール/ジョシュア・オファルト

無音で始まり、無音で終わった踊り。無音の最高の緊張感の中、コンビニ袋のようなものをガサガサさせてた奴、許すまじ凸(`Д´メ)
ドロテとジョシュアは、とても良かったです。ドロテは、かなりいい意味で貫禄が出てきましたね。

◎「フェリーツェへの手紙」(世界初演)
振付:J.ブベニチェク/音楽:H.I.F.フォン.ビーバー
バロック・ヴァイオリン:寺神戸亮
イリ・ブベニチェク

カフカが婚約者フェリーツェに送った500通の手紙を元に創作された作品だそうです。
タイトルどおり、手紙がキーアイテムで、手紙を書いたり天井から無数の手紙が降ってきたり…。
手紙を見ながら、喜んだり失望したり、体中で表現していました。
手紙を踏んで滑ったりしないか、少し心配でしたsweat02

◎「人魚姫」第一幕より
振付:J.ノイマイヤー/音楽:L.アウアーバッハ
シルヴィア・アッツォーニ/アレクサンドル・リアブコ

人魚姫は、青白いメイクに青い長袴(ものすごく長い)を着けて踊っていました。
あの裾をさばきながら、踊るシルヴィアはすごいcoldsweats02
腕だけで身体を支えるように横たわり、膝を折り曲げるだけで(逆エビのような体勢)本当に人魚に見えました。
リアブコとのパートナーシップも素晴らしく、以前来日公演をした時に全幕を見られなかったことを後悔しました。

◎「アルルの女」よりパ・ド・ドゥ
振付:R.プティ/音楽:G.ビゼー
エレオノーラ・アバニャート/バンジャマン・ペッシュ

エレオノーラは、カルメンよりこちらの方がいいと思いました。
恋人の心が離れていってしまう切なさが伝わるような踊りでした。 
ペッシュは、後半どんどんテンポの速くなる曲に合わせ、畳み掛けるように死へと突入していく踊りはとても良かったです。

【第二部】
◎「三銃士」全一幕(世界初演)
振付・衣装・舞台装置:P.ラコット/音楽:M.ルグラン
ミレディー(謎の女):マリ=アニエス・ジロ
リシュリュー(枢機卿):バンジャマン・ペッシュ
コンスタンス(侍女):エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
ダルタニアン:マチアス・エイマン
アンヌ王妃:ドロテ・ジルベール
ルイ13世(国王):マチュー・ガニオ
三銃士
アトス:イリ・ブベニチェク
アラミス:ジョシュア・オファルト
ポルトス:アレクサンドル・リアブコ

とにかく、場面転換の忙しい作品w
セットはほとんどなく、バックに映像を映すことで対応していました。
これ、普通に全幕作品に改訂しても良いのではないでしょうか。
印象に残ったのは、三銃士のとても楽しそうなパ・ド・トロワ。
もし、全幕作品になったとしても、こんな贅沢なキャストにはならないと思うので、思いっきり楽しみました。
ミレディーのジロは、これ以上ないくらいに格好良く、コンスタンスのオブラスツォーワは本当に可愛らしい。
国王や王妃も、バンバン踊ってくれるので見ていて飽きませんでした。

全体的にとても楽しいガラでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」鑑賞、いまさら

★2010年3月20日(土)13:30開演 東京文化会館大ホール5階席にて鑑賞

ジゼル:アニエス・ルテステュ
アルブレヒト:ジョゼ・マルティネス
ヒラリオン:ジョシュア・オファルト
ペザント・パ・ド・ドゥ:メラニー・ユレル/エマニュエル・ティボー

ミルタ:マリ=アニエス・ジロー
ドゥ・ウィリ:マリ=ソレーヌ・ブレ/サラ=コーラ・ダヤノヴァ

昨年の世界バレエ・フェスティバルのガラ公演で見て、絶対このペアのジゼルを見たいと思っていました。
その時に感動しすぎたせいか、この日の公演は「少し抑え目?」と思ってしまいました。
でも、1幕で出てきたジゼルは、アニエスなので大柄なのにどこか儚げで、アルブレヒトとの幸せは長く続かないのだろうなというような空気感が流れていました。
これはアニエス独特のものだと思います。

ジョゼは、やっぱりとてもノーブル。立っているだけで、気品があふれていました。
ラブラブなんだけど、やっぱり上品w
狂乱場面のアニエスは、静かに狂っていくという感じでした。
やっぱり、かわいそうなアニエスは私のツボですcrying

そして、ミルタのジロが絶品でした。
冷たい威厳、なめらかなパ・ド・ブーレ。本当にきれい。
好きなミルタの上位に入ると思いました。

今回の公演は「シンデレラ」「ジゼル」、割とオーソドックスな演目でしたが(シンデレラは演出が違いますが)やはり底力があるのだなぁと感じました。
次回は、どんな演目をもってきてくれるのでしょうか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バレエの神髄」鑑賞

★2010年7月11日(日)15:00開演 文京シビックホール2階席より鑑賞

【第一部】

◎「眠りの森の美女」よりローズ・アダージョ
音楽:P.I.チャイコフスキー/振付:M.プティパ
ナタリヤ・ドムラチョワ
セルゲイ・シドルスキー/イーゴリ・ブリチョフ/オレクシイ・コワレンコ/チムール・アスケーロフ

幕開けにふさわしい華やかな演目…なのですが正直あまり面白いと思えませんでした。
ロシア系のローズ・アダージョは、元々アチチュード・バランスをほとんど取らないことが多く、全幕でならそれも全体の流れとして楽しめるのですが、ガラだと物足りないこと、この上なし。ガラでは何とかバランスを頑張ってほしかったです。
ドムラチョワ、サポート付きのピルエットをもっと頑張ってほしい。どうしても回してもらっているようにしか見えませんでした。全体的に凡庸に見えてしまいました。ごめんなさい。

◎「侍」
音楽:鼓童/振付:M.ラブロフスキー

和太鼓の勇壮なリズムの中、侍としての一生?を見事に演じてくれました。
めちゃくちゃ格好良く見えました。

◎「海賊」よりパ・ド・トロワ
音楽:R.ドリゴ/振付:M.プティパ、V.チャブキアーニ
エレーナ・フィリピエワ/セルゲイ・シドルスキー/ヴィクトル・イシュク

フィリピエワ、久々に見ましたが、しっとり大人の女性という感じで、以前の彼女よりいいなぁと思いました。
フェッテもかつての勢いは無くなりましたが、軸がしっかりしているのでフェッテの終わりなどふらつくこともなく大物の余裕のようなものを感じました。
若手のドムラチョワと違って、サポート付きのピルエットは自ら勢いよく回っているように見えました。
アリのイシュクは、反対にとても若々しく全てに勢いがありました。
コーダのグラン・ピルエットなどは、かつてコレーラが見せていた軸足を屈伸させながらの回転を見せてくれ、会場を沸かせていました。

◎「阿修羅」
音楽:藤舎名生/振付:岩田守弘
ファルフ・ルジマトフ

暗い舞台にピンスポットの中、上半身裸に首飾り?ジャラジャラのルジマトフ。
前半は、ほとんど激しい動きはなし。
それでも、魅せ方はさすがでした。特に上半身の美しさはすごいですね。
後半に行くにつれ、動きも激しくなっていきました。
下半身の動きのラインなども、まだまだ美しいと思いました。

◎「ディアナとアクティオン」
音楽:C.プーニ/振付:A.ワガノワ
ナタリヤ・ドムラチョワ/岩田守弘

ドムラチョワは、ローズ・アダージョの時よりこちらの方が生き生きして見えました。
ローズは緊張もあったのかもしれませんね。
岩田さんは、力入れすぎ?と時折思えるほど、張り切っていました。
マネージュの最後に540を入れたりなど、まだまだテクニック系であることをアピールしていました。

◎「ライモンダ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:A.グラズノフ/振付:M.プティパ
吉田都/セルゲイ・シドルスキー
キエフ・バレエ

都さんは本当にキラキラのオーラに満ちていました。
そして、正確なステップ。見ていてとても心地良くなりました。
静の踊りも動の踊りも、メリハリがあり、さすが…という言葉しかありませんでした。
そしてテューズリーが直前に怪我で降板。とてもがっかりしましたが、代役のシドルスキーはスタイルがよく踊りもきれいでした。

【第二部】

◎「シェヘラザード」
音楽:N.リムスキー=コルサコフ/振付:M.フォーキン
エレーナ・フィリピエワ/ファルフ・ルジマトフ

年齢的にも、ピークは過ぎているであろうルジマトフですが、この金の奴隷に関してはまだまだいけるのでは、と思いました。
やはり、全身(特に上半身の使い方)に色気が滲み出ていました。
そして、フィリピエワ。かつて見たユリア・マハリナのような圧倒的な色気とは違いますが、少し抑え目の、でも内に秘めたものが溢れそうなゾベイダにとても好感が持てました。
最後に死ぬ場面も、悲哀が伝わってきました。

今回の公演で、かなりフィリピエワを見直しました(失礼な言い方sweat01
また、来てくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/04

グルジア国立バレエ「ロミオとジュリエット」鑑賞

20100314142031_2


★2010年3月14日(日)15:00開演 ゆうぽうとホール 2階席にて鑑賞

ジュリエット:ニーナ・アナニアシヴィリ
ロミオ:アンドレイ・ウヴァーロフ
ティボルト:ワシル・アフメテリ
マキューシオ:岩田守弘
ヴェローナ太守:パータ・チヒクヴィシヴィリ
キャピュレット卿:ユーリー・ソローキン
キャピュレット夫人:ニーノ・オチアウーリ
乳母:タチヤーナ・バフターゼ
パリス:ダヴィド・アナネッリ
ローレンス神父:パータ・チヒクヴィシヴィリ
ジュリエットの友人:ラリ・カンデラキ
吟遊詩人/道化:ヤサウイ・メルガリーエフ
ベンヴォーリオ:ゲオルギー・ムシヴェニエラーゼ

本当に素晴らしい舞台でした。
ニーナは、最初こそ「ん?十代?」と思いましたが、進むにつれて本当にけなげな十代の女の子に見えてきました。ニーナは表情が豊かなので、こちらも感情移入がしやすいというか…。
それに、ジゼルの時とくらべれば、少し脚の調子が良くなったように見えました。
岩田さんのマキューシオはおどけた演技が良かったと思いました。
「明るい小川」のアコーディオン奏者を彷彿とさせるような明るいマキューシオでした。
死ぬ時も、かなりたっぷりと溜めの演技をしていました。

他には、道化のヤサウイ・メルガリーエフの踊りが良かったです。

ウヴァーロフは引退という話も聞いたので、この時見られて良かったなと思いました。
(引退しないでほしいけど)
会場のアンケートで「次にアナニアシヴィリに踊ってほしい演目は?」などの項目があったので、次回もニーナの踊りが見られると期待したいです。
演目を選べば、まだまだ踊れると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

グルジア国立バレエ「ジゼル」鑑賞

20100314142053


★2010年3月10日(水)19:00開演 ゆうぽうとホール2階席にて鑑賞

ジゼル:ニーナ・アナニアシヴィリ
アルブレヒト:アンドレイ・ウヴァーロフ
ハンス:ダヴィド・アナネリ
バチルド:マイア・アルパイーゼ
公爵:パータ・チヒクヴィシヴィリ

ミルタ:ラリ・カンデラキ
ドゥ・ウィリ:ニーノ・ゴグア、アンナ・ムラデーリ

登場したニーナはやっぱり愛らしい。登場しただけで舞台が明るくなるような存在感は健在だと思いました。
ウヴァーロフともラブラブ。
ただし、跳躍系の振りはことごとく省略。ヴァリエーションのポワントケンケンも省略。ニーナも年齢には勝てないのか?と寂しい気持ちになってしまいました。
でも、それを補って余りある表現力。ウヴァーロフとのパートナーシップ。素晴らしかった。
ニーナのジゼルはとても優しいジゼルでした。

ところで、プログラムには「ジゼルは、正気を失いアルブレヒトの剣を胸に刺して死ぬ」と書いてあったのですが、実際には他の版と同じく、狂乱したあげくのショック死でした。

2幕のニーナは、素晴らしかった。
フワフワと軽く(ウヴァーロフのサポートのおかげもあると思いますが)悲しさアルブレヒトへの想いが伝わってきました。
ウヴァーロフも相変わらずマントがお似合い。鬼に金棒、ウヴァにマントhappy01
カンデラキは、ちょっと健康的過ぎる小麦色のミルタでしたが踊りはきれいでさすがでした。
そして最後に朝の鐘が鳴った時のニーナの悲しくて優しい表情にやられました。

最初は踊りを省略していることが気になってしまいましたが、終わってみるととても感動ものでした。
後から聞いたのですがニーナは足を怪我していたとか。
それで、あれだけ踊ってくれたのは本当に驚きです。
今後も演目を選んで、是非また日本で踊っていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

東京バレエ団「シルヴィア」鑑賞

★2010年2月28日(日)15:00開演 東京文化会館大ホール1階席にて鑑賞

シルヴィア:ポリーナ・セミオノワ
アミンタ:マルセロ・ゴメス
オリオン:高岸直樹
エロス:後藤晴雄
ディアナ:高木綾

オリオンの奴隷:高橋竜太、岡崎隼也

山羊:河合眞里、松下裕次
ケレスとイアセイオン:吉川留衣、梅澤紘貴
ペルセフォネとプルート:佐伯知香、平野玲
テレプシコールとアポロ:小出領子、長瀬直義


続きを読む "東京バレエ団「シルヴィア」鑑賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

マニュエル・ルグリの新しき世界Bプロ鑑賞

★2010年2月7日(日)13:30開演 ゆうぽうとホール2階席にて鑑賞

■■第一部■■

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル.I.チャイコフスキー
ヘザー・オグデン/ギヨーム・コテ

オグデンは、可愛らしいダンサーでした。コテは、着地音が気になってしまいました。

続きを読む "マニュエル・ルグリの新しき世界Bプロ鑑賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧